組織はWindows Defender Application Controlを使用してこのアプリをブロックしました

インターネットからダウンロードしたファイルを実行しようとすると、Windows 10コンピューターに次のエラーが表示される場合があります。

組織はWindows Defender Application Controlを使用してこのアプリをブロックしました

一部のシステムでは、コマンドプロンプトまたはPowerShellを開いたときにも同じエラーがポップアップする場合があります。

組織はWindows Defender Application Controlを使用してこのアプリをブロックしました

このエラーは、Windows 10の最新の機能更新で​​あるFall Creators Updateとは関係ありません。

組織はWindows Defender Application Controlを使用してこのアプリをブロックしました

エラーを修正するには、 組織はWindows Defender Application Controlを使用してこのアプリをブロックしました

  1. Windows 10 Sモードから通常のWindows 10 HomeまたはProバージョンに切り替えます。
  2. BIOSでセキュアブートを無効にする

Windows 10 Sモードから切り替える

Windows 10 Sモードをインストールした場合、Windows Defenderエラーが発生することがあります。 一部のユーザーが間違ったインストールルーチンを選択し、Windows 10 ProまたはHomeの標準バージョンではなくWindows 10 Sで終了したようです。

Windows 10 Sモードで実行しているかどうかは、アクティベーション設定ページで確認できます。

$config[ads_text6] not found
  • スタート→設定→アップデートとセキュリティ→アクティベーションをクリックします

SモードのWindows 10は、使い慣れたWindowsエクスペリエンスを提供しながら、セキュリティとパフォーマンスを合理化したWindows 10のバージョンです。 セキュリティを強化するために、Microsoftストアのアプリのみを許可し、安全なブラウジングのためにMicrosoft Edgeを必要とします。

この問題を解決するには、Sモードを完全にオフにする必要があります。 Sモードからの切り替えは無料ですが、オンに戻すことはできません。

  1. SモードでWindows 10を実行しているコンピューターで、[設定]→[更新とセキュリティ]→[アクティベーション]を開きます。
  2. [Windows 10 Homeへの切り替え]または[Windows 10 Proへの切り替え]セクションの下にある[ ストアに移動]リンククリックします。

    注:[Windowsのエディションをアップグレードする]の下のリンクを選択しないでください。 これは、Sモードを維持する別のプロセスです。

  3. Microsoftストアに表示されるページ(Sモードまたは類似のページから切り替える)で、[ 取得 ]ボタンを選択します。

  4. この操作を確認すると、Windows Defenderセキュリティにブロックされることなく、Microsoft Storeの外からアプリをインストールしたり、アプリを実行したりできるようになります。

マイクロソフトフォーラムで、一部のユーザーは、通常のWindows 10 HomeまたはProバージョンに戻るための他の代替方法を提案されました。 このメソッドは、Microsoftの公式ソースからのものではありません。 とにかく、私はここにメソッドを投稿しています。 次のヒントのヘルプでは、ファイルをバックアップしてWindows 10をクリーンインストールするだけで済みます。

プロダクトキーを変更して、ProまたはHomeに切り替えてみてください。 汎用のプロプロダクトキーを使用します(Windows 10インストールメディアの\ Sources \ Product.iniにあります)。

 VK7JG-NPHTM-C97JM-9MPGT-3V66T [プロ向け] 

プロダクトキーを切り替える簡単な方法は、Windows 10 Proの管理コマンドプロンプトから実行することです。

 slmgr.vbs / ipk VK7JG-NPHTM-C97JM-9MPGT-3V66T 

管理者特権でコマンドプロンプトを開くことができない場合:

  • タスクマネージャーを起動し、[ 詳細ビュー]をクリックして、[ファイル]メニューから管理者権限で新しいタスク( cmd.exe )を実行してみます。

slmgr.vbsメソッドが機能しない場合は、[設定]の[アクティベーション]画面で[ プロダクトキー変更 ]を使用してください。

エディションの変更またはアクティベーション方法が機能しない場合は、MicrosoftからHome / Pro用のWindows 10 ISOを取得する必要があります。 次に、Windowsのクリーンインストールを実行します。

Windows 10 HomeおよびPro – UEFI / BIOSセットアップでセキュアブートを無効にする

Windows 10 Sモードを使用していないことが確かなのに、通常のバージョンのWindows 10 HomeまたはProで問題が発生する場合は、セキュアブートを無効にしてみてください。 BIOSでセキュアブートを無効にすると、多くのユーザーに役立ちました。

セキュアブートは、多くの新しいEFIまたはUEFIマシンの機能であり、コンピューターがマルウェアによる攻撃や感染に抵抗し、Windows 8/10以外のコンピューターから起動するのを防ぎます。 コンピューターの製造時に、UEFIは信頼できるハードウェア、ファームウェア、およびオペレーティングシステムローダーコードを識別するキーのリストを作成しました。 また、既知のマルウェアを識別するためのキーのリストも作成しました。 セキュアブートが有効になっている場合、コンピュータは攻撃または感染する前に潜在的な脅威をブロックします。

セキュアブートを無効にするには、次の手順を使用します。

  1. コンピュータの電源を切ります。
  2. コンピューターの電源を入れて、スタートアップメニューが開くまで、すぐにEscを繰り返し、約1秒に1回押します。
  3. F10キーを押して、HPおよびCompaq PCのBIOSセットアップを開きます。 キーは他のブランドによって異なります。 他のシステムでは、DEL、F2、またはF8キーの場合があります。 POST画面に、BIOSセットアップページにアクセスするために押すキーが表示されます。 または、マザーボードのマニュアルを確認して、その情報を取得することもできます。
  4. BIOSのブートオプションまたは同様の設定を確認し、セキュアブートというオプションを無効にします。 ブートオプションページがどのように表示されるかを示すスクリーンショットを次に示します。

    BIOSセットアップ画面のセキュアブートオプション
または、UEFI / BIOSファームウェア設定ページを表示するには:Windowsが実行されているときに、Shiftキーを押しながら、ログイン画面からWindowsを再起動します。 この手順では、回復オプションに移動します。 リカバリオプション画面から、トラブルシューティング→詳細オプション→UEFIファームウェア設定に移動します。

Windows回復環境—詳細オプション画面

役立つリンク

  • HPおよびCompaqシステムの場合は、セキュアブートを有効または無効にする方法を説明しているこのページを確認してください。
  • Neosmartには、ASUS、ASRock、HP、およびAcerコンピューターまたはマザーボードのBIOSを示す正確な手順とスクリーンショットを含む優れたガイドがあります。

この一時的な回避策が、Windows 8またはWindows 10コンピューターで迷惑な「あなたの組織はWindows Defender Application Controlを使用してこのアプリをブロックしました」エラーを防ぐのに役立ちます。

関連記事