WMPはアルバムアートとフォルダーのサムネイルを上書きします。 それを止める方法は?

Windows Media Playerの最大の不満の1つは、カスタムアルバムアートの画像とフォルダーのサムネイルが上書きされ、低解像度の画像に置き換えられることです。

更新されたfolder.jpgのサイズは、WMPのメタ情報ソースから入手可能な200×200になります。 ただし、以前に見たように、フォルダーのサムネイルが白い境界線で表示されるため、正確な正方形の画像はWindows 10では少し不便になる可能性があります。

200×200は白い枠で表示されますが、正方形以外の画像はサムネイル/大きいアイコンビューで引き伸ばされて表示されます。 もちろん、回避策は、Windows 10の「フォルダーのサムネイルが白い枠で表示される」の記事のように画像を適切にトリミングすることです。 問題は、Windows Media Playerがカスタムの高解像度のfolder.jpgを低解像度(200 ×200)マイクロソフトのメタデータサーバーからのデータ。

WMPがフォルダーのサムネイルとアルバムアートを更新しないようにする

WMPがカスタムフォルダーのサムネイルとアルバムアートイメージを上書きしないようにする方法はいくつかあります。

  1. Windows Media Playerの使用–設定
  2. レジストリエディターを使用して無効なアルバムアートのサイズを設定する
  3. NTFSアクセス許可を使用してfolder.jpgをロックダウンする

上記の各方法について以下で説明します。

1. Windows Media Player –設定

WMPを開き、[ツール](ALT + T)、[オプション]をクリックします。 [ライブラリ]タブをクリックします

$config[ads_text6] not found

インターネットから追加情報取得するのチェックを外します

次に[ プライバシー ]タブを選択します

次の2つのオプションをオフにします。

  • インターネットからのメディア情報を表示する
  • インターネットからメディア情報を取得して音楽ファイルを更新する

OKをクリックします。 Windows Media Playerを閉じて再度開きます。

何らかの理由でWindows Media Playerがフォルダー画像とアルバムアート画像をまだ更新している場合は、以下のいずれかの方法に従ってください。

2.レジストリエディターの使用

ここでの目的は、レジストリエディターを使用してSmallAlbumArtSizeおよびLargeAlbumArtSizeレジストリ値の範囲外のデータを意図的に設定することです。これにより、Windows Media Playerは画像の上書きをスキップします。

Regedit.exeを起動し、次のブランチに移動します。

 HKEY_CURRENT_USER \ SOFTWARE \ Microsoft \ MediaPlayer \ Preferences 

次の2つのREG_DWORD(32ビット)値を作成します。

  • SmallAlbumArtSize
  • LargeAlbumArtSize

上記の値のデータをffffffff(16進数)に設定します

LargeAlbumArtSizeレジストリ値についても同じ手順を繰り返し、レジストリエディタを終了します。

これらのレジストリ値が設定されていると、Windows Media Playerはフォルダーのサムネイル画像(folder.jpg)およびAlbumArt * .jpg画像を更新しません。

(2009年におそらくこの修正を最初に見つけたのは、hydrogenaud.ioフォーラムのユーザーであるkoawmfotの功績です。この修正はWindows 10でも機能します。)

REGファイル形式

上記の設定のREGファイルは次のとおりです。 これらの行をメモ帳にコピーし、.reg拡張子を付けてファイルを保存します。 ファイルをダブルクリックして、上記の設定を自動的に適用します。

Windows Registry Editor Version 5.00 [HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\MediaPlayer\Preferences] "LargeAlbumArtSize"=dword:ffffffff "SmallAlbumArtSize"=dword:ffffffff 

3. NTFSアクセス許可を使用してFolder.jpgをロックダウンする

別のアプローチは、folder.jpgをロックダウンして、アプリケーションが書き込めないようにすることです。 これは、ファイルの継承されたアクセス許可をすべて削除してから、「ユーザー」グループにファイルの読み取りアクセス許可を付与することで実行できます。これにより、サムネイルの生成中にエクスプローラーでファイルを読み取ることができます。 これを行うには2つの方法があります。

オプション1:コマンドプロンプトを使用する(Icacls.exeコマンド)

mp3ファイルを含むフォルダーを開きます。 [ファイル]メニューの[コマンドプロンプトを開く]をクリックします。 コマンドプロンプトウィンドウで、次のように入力してEnterキーを押します。

 icacls folder.jpg / inheritance:r 

次に、次のように入力します。

 icacls folder.jpg / grant BUILTIN \ Users:(R) 

入力したコマンドごとに次のメッセージが表示されます。

処理されたファイル:folder.jpg 1つのファイルが正常に処理されました。 0個のファイルの処理に失敗しました

オプション2:権限ダイアログの使用

1.最初に、すべてのファイルを表示するようにエクスプローラーを構成し、(フォルダーオプションの[表示]タブで)保護されたオペレーティングシステムファイルを再表示します。

2. folder.jpgを右クリックし、[プロパティ]をクリックします。 [セキュリティ]タブをクリックし、[詳細]をクリックします。

3. [ 継承を無効にする ]をクリックし、[ このオブジェクトから継承されたアクセス許可をすべて削除 ]をクリックします

4. [追加]をクリックし、[ プリンシパルを選択 ]をクリックします

5. ユーザーと入力し、Enterキーを押します

6. [ 読み取り]チェックボックスをオンにし、他のすべての権限チェックボックスをオフにします。

7. OKをクリックします。

このファイルに追加/明示的な権限を設定している場合は、最初にそれらをすべて削除する必要がある場合があります。 そうしないと、WMPがfolder.jpgに書き込む可能性があります。

8.これで、追加したファイルのアクセス許可エントリが1つだけになるはずです。

完了です。 このファイルの継承されたアクセス許可は削除され、Usersグループにはこのファイルの読み取りアクセス権があります。 Windows Media Playerは画像を更新できなくなります。 Permissionsメソッドの唯一の欠点は、音楽アルバムを含む各フォルダーに対してこれを行う必要があることです。

関連記事