Windows 10でのWindows Update 0x80070BC2エラー

Windows Updateチャネル経由で更新プログラムをインストールしようとすると、エラー0x80070BC2が発生し、更新プログラムのインストールが繰り返し失敗します。 Windows Updateページに「再起動待ち」と表示される場合があります。 また、再起動後、Windows Updateのインストール履歴ページには、特定の更新プログラムで次のエラーが表示されます。

[日付]に最後に失敗したインストール試行– 0x80070BC2

Windowsイベントログには、KB番号を参照してこのエラーが記録されます。

インストールの失敗:Windowsは、エラー0x80070BC2で次のアップデートをインストールできませんでした

例えば:

インストールの失敗:Windowsは、エラー0x80070BC2で次の更新のインストールに失敗しました:x64ベースシステム用のWindows 10バージョン1709の2018-01累積的な更新(KB4056892)。

エラー0x80070BC2はどういう意味ですか?

0x80070BC2ERROR_SUCCESS_REBOOT_REQUIREDこれは、要求された操作が成功したことを意味します。 システムを再起動するまで変更は有効になりません。

ただし、実際には、Windowsを再起動してもエラーが消えない場合があります。

Windows Updateエラー0x80070BC2を修正する方法

Windows Updateのインストール中にエラー0x80070BC2を修正するには、 Windows Modules Installer (Trusted Installer)が[ 自動起動]に設定されていることを確認してください。

注:Windows Modules Installer(Trusted Installer)サービスは、デフォルトで手動開始に設定されています。 (参照:Windows 10のデフォルトのサービス構成)

信頼できるインストーラーを自動起動に設定する

Windowsモジュールインストーラーと他の3つのサービスを自動開始に設定するには、次の手順に従います。

  1. [スタート]を右クリックし、[実行]をクリックします。 Services.mscと入力し、[OK]をクリックします。
  2. Windows Modules Installerが見つかるまで下にスクロールし、サービスをダブルクリックします。

  3. サービスの開始タイプを自動に設定します
  4. OKをクリックします。
  5. また、以下のサービスを自動起動に設定してください。
    • Windows Update
    • バックグラウンドインテリジェント転送サービス
    • 暗号化サービス
  6. 「サービス」ウィンドウを終了します。

または、コマンドプロンプトから:

上記の設定をバッチファイルまたはコマンドラインで自動化する場合は、管理者特権または管理者のコマンドプロンプトから次のコマンドを使用します。

 SC config wuauserv start = auto SC config bits start = auto SC config cryptsvc start = auto SC config trustedinstaller start = auto 

Windowsを再起動し、エラー0x80070BC2が発生することなくWindows Updateをインストールできるかどうかを確認します。

関連記事