Windowsリソース保護は修復サービスを開始できませんでした– SFCエラー

/scannowパラメータを使用してシステムファイルチェッカー(Sfc.exe)を/scannowし、不足または破損したシステムファイルを復元すると、次のエラーが発生する場合があります。

Windowsリソース保護は修復サービスを開始できませんでした

さらに、Windowsインストーラーセットアップファイルの実行およびWindows Updateからの修正のインストールで問題が発生する場合があります。

これは、TrustedInstaller(Windows Modules Installer)サービスが無効になっている場合に発生します。 TrustedInstallerサービスは、Windowsリソース保護(WRP)ファイルおよびレジストリキーへのフルアクセスがあり、欠落または破損したWRPリソースを復元するには、このサービスが実行されている必要があります。 TrustedInstallerサービスは、システムファイルチェッカーの実行時にオンデマンドで起動します。

次の手順を使用して、 Windowsモジュールインストーラーサービスのサービスのスタートアップの種類をリセットします。

1. Winkey + Rを押して実行ダイアログを起動し、 Services.mscと入力してEnterキーを押します

2. Windows Modules Installerをダブルクリックします

3.スタートアップの種類を手動に設定します

4. OKをクリックします。

コマンドラインを使用して同じことを行うには、管理者としてコマンドプロンプトを開きます。 次のコマンドを実行し、各行の後でEnterキーを押します。

 sc config trustedinstaller start= demand net start trustedinstaller 

これで問題が解決します。 別のオプションは、 Sfc /scannowをオフラインモードで実行することです(Windows回復環境)。

この記事は、もともとWindows Vistaおよび7を対象に書かれていましたが、Windows 8およびWindows 10にも当てはまります。

関連記事