Windows Defenderエラー0x80070643定義の更新

Windows Updateを介してWindows Defenderを更新しようとすると、エラー0x80070643が表示され、定義の更新のインストールに失敗することがあります。 ここに完全なエラーメッセージがあります:

一部のアップデートのインストール中に問題が発生しましたが、後で再試行します。 これが引き続き表示され、Webで検索するか、サポートに連絡して情報を入手したい場合は、次の方法が役立ちます。

Windows Defenderの定義の更新– KB2267602(定義#。###。####。#)–エラー0x80070643

Windows Defenderの更新エラー0x80070643

Windows Defenderでエラー0x80070643が発生する原因は何ですか?

エラーコード0x80070643は、「インストール中の致命的なエラー」を意味します。 Windowsの多くのエラーコードと同様に、このコードはまったく役に立ちません。 ただし、サーバー側の問題が原因である可能性があります。つまり、Windows Updateコンポーネントを修正したり、 SoftwareDistribution\Downloadsフォルダーをリセットしたりする必要はありません。 MicrosoftのWindows DefenderチームであるJason Yimが投稿した、この問題に対する応答は次のとおりです。

私はスレッドを開始して全員に対処する機会を与え、Windows Defenderチームが状況を認識しており、問題を解決するためにできるだけ早く作業していることを通知したいと思っていました。 お待たせして申し訳ございませんが、まもなく修正がリリースされます。

一方、定義更新エラー0x80070643(または保護定義エラー:-2147023293)が発生している場合は、ここで説明する手順に従って、マシンを手動で保護状態に戻すことをお勧めします

手動のadlパッケージはサイレントに更新するように設計されていることに注意してください。 手動更新が正しく機能したことを確認するには、Windows Defender(またはSCEP)クライアントUIで最新の脅威定義バージョンが報告されているかどうかを確認してください。 最新の定義バージョンも上記のリンクにあります。

必要なことは、しばらくしてからWindows Defenderの署名を更新するか、以下に示す他の方法を使用してWindows Defenderを更新することです。

Windows Defenderエラー0x80070643の回避策

オプション1. Windows Defenderを手動で更新する

Microsoftの定義更新ページにアクセスし、Windowsのバージョンとビット数に対応したWindows Defenderアンチウイルス更新パッケージ( mpam-fe.exe )をダウンロードして実行します。 Windows Defenderの署名をサイレントに更新します。

オプション2:Windows Defenderコマンドラインツールを使用して署名を更新する

または、Windows DefenderコマンドラインツールMpCmdrun.exeを使用して、署名を更新することもできます。 管理コマンドプロンプトウィンドウを開き、次の2つのコマンドを正確に入力します。

 "%ProgramFiles%\ Windows Defender \ MPCMDRUN.exe" -RemoveDefinitions -All "%ProgramFiles%\ Windows Defender \ MPCMDRUN.exe" -SignatureUpdate 

最初のコマンドは、インストールされている署名とエンジンファイルを削除します。このオプションは、署名の更新が困難な場合に使用されます。 2番目のコマンドは、最新の更新を確認してインストールします。 2番目のコマンドがエラーで失敗した場合は、代替コマンドを使用して、Microsoft Malware Protection Center(MMPC)サーバーから直接定義を更新します。

 "%ProgramFiles%\ Windows Defender \ MPCMDRUN.exe" -SignatureUpdate -MMPC 

関連記事

  • MpCmdRun.exeを使用したWindows Defenderの更新とクイックスキャンの実行
  • Windows Defender GUIを自動化するコマンドラインスイッチ(MSASCui.exe)

関連記事