Win + Xコマンドプロンプト管理ファイルの関連付けエラー。 管理者として実行できない

実行可能ファイルまたはショートカットを右クリックすると、[管理者として実行]が見つからない場合があります。 Windows 10の[スタート]メニューからプログラムを右クリックし、[ その他 ]をクリックして[ 管理者として実行 ]を選択すると、何も起こらない場合があります。

[スタート]を右クリックして[コマンドプロンプト(管理者)]または[PowerShell(管理者)]をクリックすると、別のアプリケーションが起動するか、タイトルにショートカット名「WinX \ Group3 \ 01 – Command Prompt.lnk」が付いた以下のファイル関連付けエラーが発生する場合があります。 また、Ctrl + Shift + Enterは実行可能ファイルを昇格させないか、何もしません。

このファイルには、このアクションを実行するためのプログラムが関連付けられていません。 プログラムをインストールするか、既にインストールされている場合は、[既定のプログラム]コントロールパネルで関連付けを作成してください。

これらのLegacyDisableは、.exeファイルのrunas動詞にLegacyDisable値が設定されている場合に発生する可能性があり、ユーザーが昇格モードでプログラムを起動できなくなります。 これらの問題にもかかわらず、デフォルトで昇格して実行されるプログラムは、UACプロンプトを表示して正常に動作します。 たとえば、管理者としてログオンすると、レジストリエディタは常に昇格して実行されます。

関連:コマンドプロンプトとコマンドプロンプト(管理者)をWin Xメニューに復元

修正:Win + Xコマンドプロンプト管理ファイルの関連付けエラー

  1. レジストリエディター( regedit.exe )を起動します。
  2. 次のレジストリキーに移動します。
     HKEY_CLASSES_ROOT \ exefile \ shell \ runas 
  3. 右ペインで、[ LegacyDisable ]を右クリックし、[削除]を選択します。
  4. レジストリエディタを終了します。

なんらかの理由で、スタートからRegedit.exeを起動できない場合は、タスクマネージャから試してください。

$config[ads_text6] not found
  1. タスクマネージャーを開く(Ctrl + Shift + Esc)
  2. [ファイル]、[新しいタスクを実行]の順にクリックします
  3. regedit.exe入力します
  4. 管理タスクでこのタスクを作成するを選択します
  5. OKをクリックします。

それでうまくいくはずです!

関連記事