WhoCrashed:Windows用の無料Crash Dump Analyzer

アプリケーションのクラッシュ、ブルースクリーンエラー、突然の再起動の問題が頻繁に発生しますか? クラッシュが発生するたびに、Windowsによってメモリダンプファイルが生成されます。これは、クラッシュの根本的な原因を特定するためにデバッガを使用して分析できます。 デバッガーの使い方がわからない場合は、Resplendence Softwareの無料のCrash Dump AnalyzerプログラムであるWhoCrashed Home Editionをダウンロードしてください。 このプログラムは、死後のクラッシュダンプ分析を実行してコンピューターをクラッシュさせているドライバーをチェックし、収集したすべての情報をわかりやすい方法で表示します。

最近システムがクラッシュし、次の再起動時に次のエラー報告ダイアログがポップアップしたとします。

クラッシュダンプを分析するには、WhoCrashed Home Editionをダウンロードしてインストールします。

WhoCrashedを実行し、[ 分析 ]ボタンをクリックします。

デフォルトではWindowsにインストールされていないため、Microsoftからデバッグツール(クラッシュダンプの分析に必要)をダウンロードするように求められます。

Windowsデバッグツールがまだインストールされていない場合は、[ Microsoftのサイトから必要なファイルを今すぐダウンロード ]をクリックします。

Windowsデバッグツールをインストールすると、クラッシュ分析レポートの準備が整います。

この例では、上記の例のクラッシュダンプは説明のために自己生成されたため、標準のMicrosoftモジュールがクラッシュしました。 あなたのケースでは、それはネットワークカード、ビデオ、オーディオドライバー、またはクラッシュを引き起こしている他のドライバーである可能性があります。

これは、WhoCrashedのプロフェッショナルバージョンでもあり、商用環境でこのソフトウェアを使用する必要がある場合に購入できます。 WhoCrashedのプロフェッショナル版では、リモートドライブとネットワーク上のコンピューターのクラッシュダンプの分析も可能で、より詳細な分析を提供します。

$config[ads_text6] not found

関連記事