システムボリューム情報フォルダーとは何ですか?削除できますか?

システムボリューム情報フォルダーは、すべてのドライブまたはパーティションのルートにある非表示の保護されたフォルダーです。 以前にWindowsコンピューターに接続していた場合は、SDカード、ペンドライブ、および外部ハードディスクにも含まれています。 ウイルスやマルウェアではありません。

しかし、システムボリューム情報フォルダーとは正確には何ですか? なぜそれが巨大でまだ成長しているのですか? システムボリューム情報フォルダーを削除できますか?

この記事には、すべての質問に対する回答があります。

システムボリューム情報フォルダーとは何ですか?

システムボリューム情報(SVI)は、システムの復元機能で使用されるデータストアフォルダーです。 ただし、システムの復元機能だけで使用されるわけではありません。 これは、以前はエンタープライズデータ保護(EDP)と呼ばれていたWindows情報保護(WIP)でも使用され、暗号化キーを格納します。 さらに、SVIは、Windowsバックアップ、システムイメージバックアップ、ボリュームシャドウコピーサービス、およびWindows Searchインデックス作成で使用されるメタデータと情報を保存します。

System Volume Informationフォルダには何が含まれていますか?

システムドライブのシステムボリューム情報フォルダーのサンプルディレクトリ構造は次のとおりです。

 C :. │IndexerVolumeGuid│Syscache.hve│WPSettings.dat│├───EDP│└───リカバリー├───Windowsバックアップ│└───カタログ│GlobalCatalog.wbcat│GlobalCatalogCopy.wbcat│GlobalCatalogLock.dat│── ─SPP│└───OnlineMetadataCache│└───SppCbsHiveStore│└───SppGroupCache├───SystemRestore│└───AppxProgramDataStaging│└───AppxStaging│└───ComPlusStaging│└───FRStaging│ └───FRStaging{8665F319-6B09-46AE-AAEE-75CF8D2D0EC8}└───WindowsImageBackup├───Catalog│BackupGlobalCatalog│GlobalCatalog│└───SPPMetadataCache{17466c2b-b1e0-4958-b962-c0c19974d4c1c4c1c4c1c4c1c4c4e4e4c4e4e4e4e4e4e4e4e4e4e4e1e4e8e4e4e8e4e4e4e4c8e8e4c4d8 fe70-4f88-89e7-77fae19d93b5} {4149d215-92c7-447c-bcb6-0cbfbe517afd} {4277e4fa-9920-40c7-b307-22bcf52d492d} 

一方、USBフラッシュドライブまたはSDカード(以前はWindowsコンピューターで使用されていました)では、システムボリューム情報には次の2つのファイルのみが含まれています。
  • WPSettings.dat
  • IndexerVolumeGuid

ボリュームシャドウコピー、システムの復元、Microsoftソフトウェアシャドウコピープロバイダー、およびWindowsバックアップサービスは、 SPPSystemRestore 、およびその他のフォルダーにデータを格納します。

  • IndexerVolumeGuidは、Windows Searchサービスで使用されるファイルです。 ファイルには、現在のボリュームまたはパーティションのGUIDが含まれています。 検索インデクサーは、ドライブ文字だけに依存するのではなく、インデックスにボリュームGUIDを使用します。 これは、ドライブ文字が時々変更される可能性があるためです。特にフラッシュドライブと外付けハードディスクの場合はそうですが、ボリュームGUIDは変更されません。

    Windows Search関連のレジストリキーで、ボリュームGUIDへの何百もの参照を確認できます。 次に例を示します。

  • System Volume InformationフォルダのTracking.logは、Windowsの分散リンクトラッキングクライアントサービス(TrkWks)によって使用され、NTFS形式のパーティション上のファイルへのリンクを追跡します。 シェルショートカットやOLEリンクなど、NTFSボリューム上のファイルへのリンクが作成されたシナリオのリンクを追跡します。 そのファイルの名前が変更され、別のボリュームに移動された場合、Windowsは分散リンクトラッキングを使用してファイルを見つけます。

    移動したリンクにアクセスすると、Distributed Link Trackingがリンクを見つけます。 ファイルが移動したこと、または分散リンクトラッキングを使用して移動したファイルを見つけることに気づいていない。 Tracking.logファイルは、メンテナンス情報を保存するために分散リンクトラッキングサービスによって作成されます。

    以前にこの「ショートカットの問題」プロンプトが表示されたことを覚えていますか?

    この「ショートカットがありません」というメッセージを見たことがあるはずです

    分散リンクトラッキングサービスがオフになっていて、ショートカットターゲットがシステムから移動または削除されている場合、Windowsはリンクのトラッキングに失敗します。

  • WPSettings.dat –(情報なし)
  • {GUID_n}ファイルはボリュームシャドウコピーサービスで使用される可能性があります
  • AppxProgramDataStagingには、 ProgramDataフォルダーの下のAppRepository \ Packagesフォルダーのバックアップが含まれています。
  • AppxStagingには、 WindowsAppsフォルダーのバックアップが含まれています。

エクスプローラにシステムボリューム情報フォルダが表示されないのはなぜですか?

システムボリューム情報は、明白な理由で非表示にされ保護されています。 これは、非表示の保護されたシステムファイルを表示するように [ フォルダーオプション ]→ [表示 ]タブを構成しない限り、エクスプローラーに表示されないことを意味します。

OKを押してダイアログを閉じると、各ドライブにSVIフォルダーが表示されます。

システムボリューム情報にアクセスできないのはなぜですか?

システムボリューム情報フォルダーは、NTFSアクセス許可を使用して制限されます。 デフォルトでは、 NT AUTHORITY \ SYSTEMアカウントのみがフォルダとそのサブフォルダへのアクセス権(フルコントロール)を持っています。

管理者レベルのユーザーであっても、「 システムボリューム情報にアクセスできません 」というメッセージが表示されます。 アクセスが拒否されました

フォルダーにアクセスして内容を確認する必要がある場合は、Microsoftの記事「システムボリューム情報フォルダーにアクセスする方法」を参照してください。 でコマンドラインを使用してファイルまたはフォルダーの所有権を取得および取得する

システムボリューム情報フォルダーを削除できますか?

いいえ。前に述べたように、フォルダはシステムの復元スナップショットストアフォルダだけではありません。 バックアップ、ボリュームシャドウコピー、検索インデクサーで使用される情報とメタデータが含まれているため、このフォルダーは削除しないでください。特に、システムドライブまたはWindows Searchインデックスに含まれているドライブの場合は削除しないでください。

USBフラッシュドライブとSDカードでは、検索インデックスにその場所を含める予定がない場合は、フォルダーを削除できます。 ただし、ディスク容量をあまり必要としないため、外部ドライブ上でもそのままにしておくことをお勧めします。 フォルダーは非表示になっていて保護されているため(属性: System + Hidden )、それほど煩わしいことはありません。

システムボリューム情報が巨大なのはなぜですか?

ドライブでシステムの復元が有効になっている場合、システムボリューム情報はギガバイトのディスク領域を消費する可能性があります。 ただし、以前のバージョンのWindowsとは異なり、Windows 10は24時間ごとに自動的に復元ポイントを作成しません。 不要な復元ポイントが存在しないように、必要な場合にのみ作成されます。

ただし、必要に応じて、タスクスケジューラでカスタムスクリプトを使用して毎日1つ作成できます。

150 GBのハードディスクなどの低容量ハードウェアを使用している場合は、システムの復元用のディスク領域の割り当てを減らすか、すべての復元ポイントをクリアしてディスク領域を節約できます。

  1. 実行ダイアログからsysdm.cplを起動します
  2. [ システム保護]をクリックします
  3. ディスク容量の割り当てを減らすドライブを選択します。 「構成」をクリックします。

    このタブには、システムボリューム情報フォルダー内のシステムの復元による現在のディスク使用量が表示されます。

  4. [Disk Space Usage]で、[Max Usage]スライダーを左にドラッグします。

    または、ディスクスペースのスライダーを細かく減らすには、スライダーのポインターを正確にクリックして選択します。 キーボードの左矢印または右矢印を使用します。 左矢印または右矢印をタップするたびに、ディスク使用量のスライダーが1%ずつ増減します。

    スライダーを左に下げると、システムの復元機能へのディスク領域の割り当てが低くなり、システムボリューム情報フォルダーのサイズが小さく保たれます。 最も古い復元ポイントが自動的に削除される(FIFO)ため、システムの復元で、割り当てた容量より多くのスペースが使用されません。

    ドライブのすべての復元ポイントを削除することもできます。 システムのディスク容量が非常に少ない場合は、削除ボタンを押します。

    ウイルス対策ソフトウェアがシステムボリューム情報フォルダー内のウイルスについて警告する場合は、システム保護を無効にして、上記のダイアログで[適用]をクリックする必要がある場合があります。 これにより、すべての復元ポイントが消去されます。 もう一度元に戻すことができます。

    関連: Vssadmin.exeコマンドラインを使用してシステムの復元に割り当てられたスペースを減らす方法は?

  5. OK、OKをクリックします。

    ディスククリーンアップを使用して、最新の復元ポイント以外をすべてクリアできることに注意してください。

    管理者としてディスククリーンアップを起動し、システムパーティションを選択します。 [ その他のオプション]をクリックします。 [ クリーンアップ…]をクリックします

    このオプションは、最新の復元ポイントを除くすべてを削除します。 また、復元ポイントの一部としてシャドウコピーと古いバックアップイメージを消去します。 その結果、システムボリューム情報フォルダーのディスク領域の使用量が大幅に削減されます。

    すべてを消去せずに個々の復元ポイントを削除する場合は、「Windowsで個々のシステム復元ポイントを削除する方法」を参照してください

USBペンドライブでのシステムボリューム情報の作成を防止する

システムボリューム情報フォルダーは、システム内のすべてのディスクパーティションのルートに表示されます。 フォルダは、外付けハードドライブ、SDカード、 USBフラッシュドライブまたはペンドライブにも作成されます。

これまで、System Volume Informationフォルダについて詳しく見てきました。 USBフラッシュドライブ、外付けドライブ、またはNTFSでフォーマットされたSDカードにシステムボリューム情報フォルダーが作成されないようにする方法を見てみましょう。

この問題には、(インターネット上で)広く流通している修正があります。 SVIフォルダーの作成を防ぐために、次のレジストリキーでレジストリポリシーDisableRemovableDriveIndexing0に設定することをお勧めします。 ポリシーが有効な場合、リムーバブルドライブ上の場所をライブラリに追加できません。 また、リムーバブルドライブ上の場所にはインデックスを作成できません。
 HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ Policies \ Microsoft \ Windows \ windows search 

レジストリ値は、リムーバブルドライブ上の場所をライブラリのグループポリシー設定に追加できないようにするに対応しています。

ただし、そのレジストリキーでDisableRemovableDriveIndexing0に設定しても、Windows 10でテストしたときに、リムーバブルドライブにシステムボリューム情報フォルダーが作成されないわけではありません。

USBフラッシュドライブまたはSDカードでは、Windows Search Indexer SearchIndexer.exeにより、システムボリューム情報(SVI)フォルダーと、そのフォルダー内にIndexerVolumeGuidWPSettings.dat 2つのファイルが作成されます。 IndexerVolumeGUIDファイルには、現在のパーティションまたはボリュームの一意の識別子(GUID)が格納されます。

WPSettings.datは、Windowsストアアプリが使用するストレージサービスによって作成された可能性があります。 WPSettings.datの作成を無効にしようとしてストレージサービスが無効になっている場合、Windowsストアでアプリをダウンロードするとエラー0x800706D9Something unexpected happenedしないことがSomething unexpected happenedし、ストアからアプリをインストールできません。

ストレージサービスを再度有効にするには、 Services.msc開始し、[ ストレージサービス ]をダブルクリックして、スタートアップの種類を[ 手動 ]に設定します。

手順1:USBのシステムボリューム情報フォルダーを削除する

NTFSボリュームでは、デフォルトでSVIフォルダーにアクセスできるのは、フルコントロールのアクセス許可を持つSYSTEMアカウントだけです。 管理コマンドプロンプトから次のコマンドを使用して、システムボリューム情報フォルダーを削除できます。

次の例のH:\を、USB / SDカードメディアの実際のドライブ文字に置き換えます。 システムパーティションまたは他の場所にあるSVIフォルダーを誤って削除しないようにしてください。

 cd / dh:\ takeown / f "システムボリューム情報" / r / dy rd / s / q "システムボリューム情報" 

これにより、システムボリューム情報フォルダーがサブフォルダー(存在する場合)およびファイルと共に削除されます。

関連: Windowsのコマンドラインを使用してファイルまたはフォルダーの所有権を 取得する

手順2:USBペンドライブにシステムボリューム情報が作成されないようにする

システムボリューム情報フォルダーは、 SYSTEMアカウントで実行されるWindows Searchインデクサープログラムによって作成されます。 これは、2つのファイルと共にSVIフォルダーを作成するプロセスです。

USBドライブのルートディレクトリへのSYSTEMアカウントの書き込みアクセスを拒否すると、SVIフォルダーの作成を停止できます。

重要:ファイル履歴、Windowsバックアップ、システムイメージバックアップなどのストレージボリュームとして使用している場合は、USBドライブまたはSDメディアで次の手順を実行しないでください。システムへの「書き込み」アクセスを拒否する場合ドライブ上のアカウント、これらのツールのいずれも正しく動作することはできません。

管理コマンドプロンプトから、次のコマンドを実行します。

 icacls h:\ / deny system:W 

上記のコマンドは、 H:\ (USBメディアドライブ文字)のルートにあるSYSTEMアカウントへの「書き込み」アクセスを拒否します。

これを[セキュリティ]タブ→[高度なセキュリティ設定]で行う場合は、以下の画像に示すように構成します。

権限エントリを元に戻すまたは元に戻す方法は?

上記の権限設定を元に戻す、または元に戻すには、次のコマンドを実行します。

 icacls h:\ / remove:dシステム 

「拒否」権限エントリを削除すると、 SYSTEMアカウントはドライブのルートに書き込むことができるようになります。 検索インデクサーは、ドライブにシステムボリューム情報フォルダーを作成します。

この記事がWindowsのシステムボリューム情報フォルダーに関する詳細情報を提供したことを願っています。

関連記事