Windows 10でバックグラウンドアプリをオフにして電力を節約する

一部のアプリは常にバックグラウンドで実行され、情報の受信、通知の送信、および自動更新を行う場合があります。 これらのバックグラウンドアプリは、アクティブなプログラムと比較すると、CPUパワーのごく一部しか使用しません。 ただし、すべてのエネルギーを節約したい場合は、特にバッテリー電源でWindows 10デバイスを実行しているときに、これらのバックグラウンドアプリをオフにできます。

バックグラウンドで実行できるアプリを選択します

設定(WinKey + i)を開き、batteryと入力します。 [ バックグラウンドで実行できるアプリを選択]をクリックします

バックグラウンドで実行できるアプリケーションを選択できます。 アラーム機能を使用している場合は、[アラームと時計]オプションを有効にする必要があります。 新しいツイートが表示されたときに通知を送信するTwitterなど、使用している他のアプリについても同様です。

関連記事