Fall Creators UpdateのState Repositoryサービスの高CPU使用率

Windows 10 Fall Creators Updateをクリーンインストールした後、Microsoft Edgeで外部リンクをクリックすると、State Repositoryサービスが高いCPU使用率(20%〜100%の間)を消費するという問題に直面するユーザーがいます。 システムが20〜30秒間停止した後、リンクが開かれます。

状態リポジトリサービスの高CPU使用率

一部のユーザーは、この原因不明のスパイクはクリーンインストールでのみ発生し、アップグレードインストールでは発生しないと述べています。 たとえば、v1703からv1709にアップグレードした場合、この問題に直面しない可能性があります。 そして問題は1日かそこらで自動的に静まるかもしれません。 表示されない場合は、この問題の考えられる解決策をいくつか示します。

修正1:PowerShellを使用してすべての組み込みアプリを再インストールする

管理者としてPowerShell.exeを起動し、次のコマンドを実行します。

 Get-AppXPackage -AllUsers | Foreach {Add-AppxPackage -DisableDevelopmentMode -Register "$($ _。InstallLocation)\ AppXManifest.xml"} 

これにより、すべての標準アプリが登録され、一部のユーザーの元の問題が修正されます。 この問題は、何らかの形で、Windows 10 Fall Creators Updateのインストール後にアプリが見つからないという記事に記載されている問題に関連している可能性があることに注意してください。 ただし、修正はまったく同じです。

修正2:Microsoft Edgeを修復する

Fall Creators Updateを使用すると、[設定]の[アプリと機能]からMicrosoft Edgeを修復およびリセットできます。

アプリと機能(v1709)によるMicrosoft Edgeの修復またはリセット

Microsoft Edgeを修復またはデフォルト設定にリセットする方法の投稿を参照してください。 詳細については。

回避策:State Repositoryサービスを再起動します

[スタート]を右クリックし、[コンピュータの管理]をクリックします

[サービスとアプリケーション]を展開し、[サービス]をクリックします

[状態リポジトリサービス]を選択し、[サービス]リストの左側にある[サービスの再起動]リンクをクリックします。

状態リポジトリサービスを再起動します。

これにより、一部のユーザーの問題が一時的に修正されました。

マイクロソフトにフィードバックを送信する

新しいフィードバックを送信するには、次の手順に従ってください。

  1. [スタート]をクリックし、「フィードバックハブ」を検索して、アプリを起動します
  2. 左側のメニューの[フィードバック]に移動し、[+新しいフィードバックを追加]を押します
  3. 問題を選択し、関連すると思われる詳細を共有し、適切なカテゴリとサブカテゴリを選択します
  4. 重要:可能であれば、フォームの終わり近くにある[監視の開始](または[キャプチャの開始])をクリックした後、問題を再現してください。 完了したら監視を停止します
  5. フォームとモニタリングを完了したら、[送信]をクリックします
  6. [フィードバックハブを使用して続行]をクリックします
  7. 上部にある[フィードバック]をクリックして、送信したアイテムを見つけます(表示されるまでに時間がかかる場合があります)
  8. 送信したアイテムを開き、[共有]をクリックします
  9. [リンクをコピー]をクリックし、リンクをここに応答に貼り付けます(//aka.ms/のようになります)

関連記事