すべてのチェックボックスオプションをデフォルトで有効にしてディスククリーンアップを開始する

ディスククリーンアップツールを開くと、すべてではないにしてもほとんどのクリーンアップオプションがデフォルトでオフになっています。 ディスククリーンアップは、前回使用したときに有効にしたオプションを記憶していません。

レジストリを変更する必要なく、すべてのクリーンアップオプションのチェックボックスをオンにしてディスククリーンアップを開始するための巧妙なトリックを次に示します。

「LOWDISK」パラメータを使用してディスククリーンアップを開始します

Cleanmgr.exeで「LOWDISK」引数を使用すると、通常どおりディスククリーンアップが開始されますが、すべてのチェックボックスがオンになっているため、不要です。

次のコマンドラインを使用してデスクトップショートカットを作成します。

 cleanmgr.exe / LOWDISK 

ここでは、管理ツールフォルダにあるディスククリーンアップショートカットのターゲットフィールドを編集することもできます。

 C:\ ProgramData \ Microsoft \ Windows \ Start Menu \ Programs \ Administrative Tools 

このショートカットは、[スタート]メニューの検索結果から[ディスククリーンアップ]を検索してクリックするときに使用されます。

システム全体の場所にある不要なファイル、つまりユーザープロファイルフォルダーの外にあるファイルを削除する場合は、管理者としてディスククリーンアップを実行する必要があることに注意してください。

Cleanmgr.exe –その他のスイッチ

cleanmgr.exe /?入力しcleanmgr.exe /? これを示しています:

 cleanmgr [/ SAGESET:n | / SAGERUN:n | TUNEUP:n | / LOWDISK | / VERYLOWDISK | / SETUP | / AUTOCLEAN] 

しかし、それはそれがあなたに提供する最大の情報です。 マイクロソフトには、2つのCleanmgr.exeスイッチ/sagesetおよび/sagerunを説明するナレッジベースの記事があります。 また、「ディスククリーンアップを使用してログインするたびに一時ファイルを自動的にクリアする」の記事も参照してください。 スイッチ/TUNEUP/LOWDISK/VERYLOWDISK/SETUPおよび/AUTOCLEAN公式ドキュメントがありません。

/VERYLOWDISKは、プロンプトを表示せずにディスククリーンアップを開始し、非対話型モードですぐにクリーンアップを実行します。 おそらく、このオプションはすべての可能なアイテムをクリーンアップして、ディスク領域を再利用します。 ディスクの空き容量が特定のしきい値で危険なほど低くなると、システムがこのスイッチを使用してCleanmgr.exeを実行する可能性があります。 クリーンアップ後、システムドライブに残っている空き容量を示すダイアログが表示されます。

他のディスククリーンアップパラメータが正確に何をしているのかわかっている場合は、以下のコメントセクションでそれを知らせてください。

関連記事