スニッピングツールエラー「切り取りを送信できませんでした」電子メールに切り取りを送信

Snipping Toolを使用してスクリーンショットをキャプチャした後、ツールバーの[ Snip送信 (電子メールの受信者)]ボタンをクリックしてSnipを電子メールに送信しようとすると、次のエラーメッセージが表示されます。

デフォルトのメールクライアントがないか、現在のメールクライアントがメッセージング要求を処理できません。 Microsoft Outlookを実行して、デフォルトのメールクライアントとして設定してください。 切り取りを送信できませんでした。 メールプログラムがインストールされていることを確認してから、もう一度お試しください。

これらのエラーは、システムにMAPI準拠のメールクライアントがインストールされていない場合に発生します。 最新のメールアプリは、MAPIまたは[送信]> [メール]操作をサポートしません。 Microsoft Office Outlook、Mailbird、Mozilla Thunderbirdなどのメールクライアント、またはMAPIをサポートするその他のメールクライアントをインストールする必要があります。

関連記事:エラー「ファイルをメールで送信するときに要求されたアクションを実行するために関連付けられた電子メールプログラムがありません」

一部のユーザーは、これが特にWindows 10 Fall Creators Update(v1709)のインストール後に発生することを確認しました。 互換性のあるメールクライアントがすでにインストールされているにもかかわらず、スニップを電子メールに送信するときにエラーが表示される場合は、この記事の手順に従ってください。

修正1:レジストリにデフォルトのメールクライアントを設定する

  • レジストリエディターregedit.exeを起動し、次のブランチに移動します。
 HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ Clients \ Mail 
  • 右ペインでダブルクリック(default) 、それに応じてデータを設定します。 たとえば、Office Outlookがインストールされている場合は、 Microsoft Outlookに設定します
  • Outlookがインストールされている場合は、 Microsoft OutlookというブランチがMailキーの下に存在することも確認する必要があります。 見つからない場合は、この記事の残りの手順をスキップし 、Office / Outlookの修復または再インストールに進み、キーと値を再生成してください。
  • Microsoft Outlookキーが存在する場合は、キーを選択し、右側のペインでMSIComponentID文字列値をMSIComponentIDます。 MSIComponentID値がないか、不適切なGUIDに設定されている可能性があります。 Outlook 2013およびOutlook 2016の正しいGUIDは{6DB1921F-8B40-4406-A18B-E906DBEEF0C9}
  • MSIComponentID値は、単純なMAPIまたはMAPI呼び出しをエクスポートするDLLを識別するWindowsインストーラーPublishComponentカテゴリIDを参照します。 設定されている場合、このキーはDLLPathまたはDLLPathExキーよりも優先されます。 MSIComponentIDレジストリ値がOutlookに対して正しくない場合、さまざまなアプリケーション(Snipping Toolを含む)で「デフォルトのメールクライアントがありません」エラーが発生することに注意してください。 値を修正すると、問題が解決する場合があります。

    修正2:MSIコンポーネントのレジストリ権限を修正する

    デフォルトのメールクライアントとMSIComponentID値が正しく設定されていても、 Installer\Componentsキーに対する不正なアクセス許可により、「デフォルトのメールクライアントがない」などのエラーが発生する可能性があります。 Outlook MSIコンポーネントのレジストリキーのアクセス許可を修正するには、次の手順を実行します。

    • 次のブランチに移動します。
     HKEY_CLASSES_ROOT \ Installer \ Components \ F1291BD604B860441AB89E60BDEE0F9C 
  • キーを右クリックして[プロパティ]をクリックし、[セキュリティ]タブをクリックします
  • Usersグループがリストにない場合は、[追加]をクリックし、Usersと入力してEnterキーを押します。
  • UsersグループにキーのReadアクセス許可があることを確認します。
  • (レジストリキーのアクセス許可または所有権の変更の詳細については、「レジストリキーの所有権を取得して完全なアクセス許可を割り当てる方法」の記事を参照してください)

  • レジストリエディタを終了します。
  • 最後のオプションは、メールクライアントを完全にアンインストールしてから再インストールすることです。

    関連記事