Slipstream Windows 10:更新プログラムを元のセットアップディスクと統合する

システムファイルの破損や原因不明または不安定なシステム動作などの状況では、マウントされたWindows ISOまたはDVD / USBフラッシュドライブからSetup.exeを実行して、Windowsインストールを修復または再インストールする必要があります。 ただし、現在のWindowsインストールのビルドまたはService PackレベルがISOまたはセットアップメディアのレベルより高い可能性は常にあります。

Windowsを修復するには、まずソースのバージョンとビルド番号が、現在インストールされているWindowsのバージョンとビルド番号よりも高いことを確認する必要があります。 しかし、インストールメディアを最新の状態に保つにはどうすればよいですか?

Sliptreamingとは何ですか、なぜそれを行う必要があるのですか?

Windows 10用にリリースされた毎月の累積的な更新プログラムはビルド番号を増やします。これは、累積的な更新プログラムがリリースされた後にWindows 10 ISOが古くなることを意味します。 累積的な更新とその他の必要な更新を統合し、Windowsの最新バージョンとビルドを含む更新されたISOをビルドできます。

Windows更新プログラムパッケージをWindowsセットアップディスクに統合するプロセスは、 スリップストリーミングと呼ばれます。

場合によっては、システムファイルチェッカーは、必要に応じてDISMコマンドを実行することで、システムファイルの破損を修復できます。 Windows Component Storeが破損している場合は、ソースWIMファイルについて言及するDISMを実行する必要があります。 これが、更新されたWindows 10セットアップソースが常に準備されているもう1つの理由です。

スリップストリーミングは、他のコンピューターに最新ビルドのウィンドウをインストールしたい場合にも役立ちます。 利点は、古いバージョンをインストールしたり、最初にビルドしたりする必要がなく、次にWindows Updateを介して必要な更新を手動でインストールする必要があることです(複数の再起動が必要で、逆効果になる場合があります)。

Windows 10セットアップメディアに更新をスリップストリームする方法

Windows更新パッケージをスリップストリームして、更新されたWindows 10インストールメディアまたはISOを作成する方法を見てみましょう。 テクニカルサポート担当者は、累積的な更新、サービスパック、またはロールアップパッケージがリリースされた後、時々これを行います。

  1. MicrosoftのWebサイトから最新のWindows 10 ISOをダウンロードします。 この投稿の時点で、最新のWindows 10 Fall Creators Updateバージョン1709ビルド16299.15が最新リリースです。
  2. ISOを右クリックし、[マウント]をクリックして、ISOをドライブ文字にマウントします。
  3. ISOの内容をフォルダーにコピーします。 D:\Win10ISOとしましょう
  4. 起動可能なWindows(v1709)セットアップUSBフラッシュドライブが既にある場合は、手順1〜3をスキップします。 ISOの代わりに使用できます。

  5. 次に、Microsoft Updateカタログにアクセスして、Windows Updateの.msuまたは.cabパッケージを取得します。 Microsoft Updatesカタログで、「windows 10 version 1709 x64」( Windows 10 64ビットを使用しているため)または同様のフレーズを使用して、Fall Creators Update v1709 64ビットWindowsバージョンで利用可能な更新を検索します。 32ビットWindowsを使用している場合は、x64ではなくx86キーワードを使用します。
  6. 利用可能な更新は3つあります:累積的な更新(ビルド16299.19)であるKB4043961、Adobeの更新であるKB4051613、およびAdobeのセキュリティの更新であるKB4049179です。

  • windows10.0-kb4043961-x64_5fb7d7bf32e79ea9debe8fb51af2a0c2e296e935.msu
  • windows10.0-kb4049179-x64_47eff21486eab4ef646976186735a532f9b4a93f.msu
  • windows10.0-kb4051613-x64_b2b1d0c13c89c6da1505178557b2150588a0358e.msu
  • 3つの更新すべてをフォルダーにダウンロードします。 フォルダがD:\v1709 Updatesとしましょう
  • CodePlexからDISM GUIツールをダウンロードし、昇格したプログラムを実行します(管理者として実行)。
  • install.wimファイルをマウントするフォルダーを作成します。 たとえば、 D:\Mounted-WIM
  • DISM GUIツールで、install.wimへのパスに言及します。 この例では、パスはD:\Win10ISO\sources\install.wim
  • 注: sourcesフォルダーで、 install.esd代わりにinstall.wimファイルが存在する場合、最初にイメージをサービスするためにESDファイルをWIM形式に変換する必要があります。 その詳細な手順は 、Windows 10でDISMを使用してESDをWIMに変換する方法の記事にあります

  • [WIM情報を表示]ボタンをクリックして、WIMファイルのインデックスを表示します。 この例では、Index:8(この場合はWindows 10 Pro)を選択し、イメージを処理します。
  • [インデックス]ドロップダウンボックスで8を選択します
  • マウントの場所で、 D:\ Mounted-WIMと入力します。
  • [WIMのマウント]ボタンをクリックします
  • これで、WIMが指定したフォルダーにマウントされました。 DISM GUIの[ パッケージ管理 ]タブをクリックします。
  • 入力するか、参照してパッケージフォルダを見つけます。 この例では、Windows UpdateパッケージはD:\ v1709 Updatesに保存されています。
  • [パッケージの追加]ボタンをクリックします。
  • [ マウントコントロール ]タブに戻り、[ WIMの マウント 解除 ]をクリックします。
  • WIMに加えた変更をコミットするように求められたら、[はい]をクリックします。 これで、そのフォルダーで使用可能なすべてのWindows Updateパッケージ(* .msuおよび* .cab)がinstall.wimイメージに統合されます。
  • 手順9が完了したら、D:\ Mounted-WIMおよびD:\ v1709 Updatesフォルダーを手動で削除します。
  • それでおしまい! これで、Windows 10セットアップソースまたはUSBインストールメディアが更新されました。 Windowsの修復インストールまたはインプレースアップグレードを計画している場合は、ここでSetup.exeを実行できます。 または、システムの破損を修正するためのセットアップソースパスを言及してDISMを実行する場合は、更新されたinstall.wimのパスを言及できます。

    DISM GUIツールは何をしますか?

    DISM GUIは、組み込みDISMコンソールツールの優れたフロントエンドです。 この図では、ユーティリティがバックグラウンドで実行したコマンドのリストを次に示します。

    WIMファイル情報の取得とインデックスの表示

    WIMファイル情報とそのインデックスを取得するには、次のコマンドを使用します。

     dism.exe / Get-WimInfo /wimFile:"D:\Win10ISO\sources\install.wim " 

    WIMファイルのマウント

    Mount Vimボタンはこのツールを実行して、install.wimイメージ(インデックス:8)を指定したフォルダーにマウントします。

     dism.exe / Mount-WIM /WimFile:"D:\Win10ISO\sources\install.wim "/ index:8 / MountDir:" D:\ Mounted-WIM " 

    マウントされたWIMファイルへのWindows Updateパッケージの追加

    DISM GUIの[パッケージの追加]ボタンは、次のコマンドを実行します。

     dism.exe / image: "D:\ Mounted-WIM" / Add-Package / PackagePath: "D:\ v1709 updates" 

    WIMファイルをマウント解除して変更をコミットする

    WIMファイルをアンマウントして変更(パッケージの追加または削除)を適用するには、次のコマンドを使用します。

     dism.exe / Unmount-wim / mountdir: "D:\ Mounted-WIM" / commit 

    更新されたセットアップソースフォルダーからISOファイルを作成する

    オプションで、D:\ Win10ISOフォルダーの内容から新しいISOを再構築できます。 このタスクには、ImgBurnまたは他のツールを使用できます。 詳細は別の記事をご覧ください。 また、Windowsセットアップメディアに更新を統合したり、ISOを簡単に作成したりできるNTLiteツールもご覧ください。 近日中にNTLiteを使用してWindows 10をスリップストリーム化する方法について記事を書くことを期待しています。

    関連記事