Windows 10のスタート画面で「別のユーザーとして実行」コマンドを表示する

[別のユーザーとして実行]コンテキストメニューオプションを使用すると、bat、cmd、exe、msc、またはmsiファイルを別のユーザーとして実行できます。 このコンテキストメニューオプションは、Windows 10スタート画面のピン留めされたアイテムではデフォルトでは表示されませんが、レジストリ設定またはグループポリシーを使用して追加できます。

「別のユーザーとして実行」– Windows 10のスタート時に表示

Regedit.exeを起動し、次のブランチに移動します。

 HKEY_CURRENT_USER \ Software \ Policies \ Microsoft \ Windows \ Explorer 

(または)

 HKEY_LOCAL_MACHINE \ Software \ Policies \ Microsoft \ Windows \ Explorer 

ShowRunAsDifferentUserInStartという名前のDWORD値を作成し、その値のデータを1に設定します。レジストリエディターを終了します。

REGファイル

Windows Registry Editor Version 5.00 [HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\Explorer] "ShowRunAsDifferentUserInStart"=dword:00000001 [HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\Explorer] "ShowRunasDifferentuserinStart"=dword:00000001 

この設定は、次のグループポリシー設定に対応しています。

 管理用テンプレート| スタートメニューとタスクバー| スタート時に「別のユーザーとして実行」コマンドを表示 

必要に応じて、これをユーザーごと、またはマシンごとの設定として構成できます。

関連記事