「最もよく使用されるアプリを表示する」設定がWindows 10でグレー表示される

Creators Update for Windows 10をインストールした後、[最も使用されたアプリを表示]トグルスイッチが[カスタマイズ]> [スタート]ページでグレー表示される場合があります。 これは、最近のプログラムを追跡する機能を無効にするプライバシー設定が原因です。

「よく使うアプリを表示」オプションを有効にする

1.設定を開く[WinKey + i]

2. [プライバシー]をクリックします

3. [Windowsでアプリの起動を追跡して、開始と検索の結果を改善する]オプションを有効にします。

4. [ホーム]、[カスタマイズ]、[開始]の順にクリックします

これで、「よく使うアプリを表示する」設定を有効にできるようになります。

注: 「タスクバーとスタートメニューの設定を変更できないようにする」グループポリシーまたは同等のレジストリ値を有効にしている場合も、設定がグレー表示されることがあります。 詳細については、「設定のパーソナライズ」の記事「一部の設定は組織によって管理されている」と、その投稿で利用可能なレジストリの修正を確認してください。

$config[ads_text6] not found

関連記事