右クリックメニューの切り替えオプションを使用して非表示のファイルと保護されたファイルを表示する

保護されたファイルと隠しファイルをエクスプローラーで表示するには、最低6回のマウスクリックが必要です。これは、ユーザーにとって非常に不便です。 そこで、右クリックメニューに[隠しファイルと保護されたファイルを表示する(切り替え)]オプションを追加するスクリプトとレジストリの編集を行います。

このオプションを使用すると、毎回[フォルダオプション]ダイアログに移動する必要なく、非表示の保護されたオペレーティングシステムファイルをすばやく表示できます。 これは、記事「Windowsで右クリックメニューを使用してサムネイルプレビューをすばやく有効または無効にする」で取り上げた他のスクリプトに似ています。

右クリックメニューから非表示のファイルと保護されたファイルを表示する

showallfiles.zipをダウンロードし、コンテンツをフォルダーに抽出します。

スクリプトファイルshowallfiles.vbsをC:\ Windowsに移動します。

showallfiles.regをダブルクリックして、レジストリにコンテキストメニューエントリを作成します。

次に、デスクトップまたはフォルダーの空の領域を右クリックします。 [非表示のファイルとフォルダを表示する(トグル)]オプションが表示され、クリックすると非表示のファイルと保護されたファイルが表示されます。 名前が示すように、これはトグルとして機能します。 このメニューオプションをもう一度クリックすると、非表示のファイルと保護されたファイルの表示がオフになります。

オプションを削除するには、ファイルundo.regを実行してから、Windowsディレクトリからshowallfiles.vbsを手動で削除します。

スクリプトの内容

'This script toggles the display of hidden and protected files/folders in Explorer. 'June 16, 2016 - Ramesh Srinivasan for //www.winhelponline.com/blog/ Set WshShell = CreateObject("WScript.Shell") strBaseKey = "HKCU\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\Advanced\" strProtected = WshShell.RegRead(strBaseKey & "ShowSuperHidden") If strProtected = 0 Then WshShell.RegWrite strBaseKey & "ShowSuperHidden", 1, "REG_DWORD" WshShell.RegWrite strBaseKey & "Hidden", 1, "REG_DWORD" Else WshShell.RegWrite strBaseKey & "ShowSuperHidden", 0, "REG_DWORD" WshShell.RegWrite strBaseKey & "Hidden", 2, "REG_DWORD" End If WshShell.SendKeys "{F5}" 

必要に応じて、自由にコードを変更してください。 ハッピーコンピューティング!

関連記事