表示されない、または機能しない隠しファイルとフォルダーを表示する

[フォルダオプション]ダイアログの[表示]タブでは、隠しファイルとシステム(保護)ファイルを表示または非表示にできます。 隠しファイルにはHIDDEN属性があります。 保護されたファイルは、SYSTEM属性を持つスーパー隠しファイルとしても知られています。 状況によっては、フォルダオプションを使用して、フォルダ内の隠しファイルの表示を有効にする必要がある場合があります。

[フォルダーオプション]ダイアログで[ 非表示のファイル、フォルダー、ドライブを表示する]オプションを有効にしても、エクスプローラーが非表示のファイルとフォルダーを表示しないというサポートインシデントが最近多く発生しています。 ただし、ファイルとフォルダーは、Windowsサーチを使用するか、コマンドプロンプトウィンドウからDIR /Aコマンドを使用して表示できます。

また、[フォルダーオプション]を開いて[表示]タブをクリックすると、[ 隠しファイルとフォルダー表示 しない ]と[ 隠しファイル、フォルダー、ドライブを表示する]の両方のラジオボタンが有効になる場合があります

原因

上記の症状は、システムがこれらのレジストリブランチのCheckedValue値を変更するマルウェアに感染している場合に発生します。

 HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion \ Explorer \ Advanced \ Folder \ Hidden \ NOHIDDEN HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion \ Explorer \ Advanced \ Folder \ Hidden \ SHOWALL 

マルウェアは、上記のHiddenレジストリブランチにあるTypeという名前のレジストリ値(デフォルトでは、データは「 グループ 」に設定されています)も削除します。

この策略は多くのウイルスやPUAで使用されているため、悪意のある実行可能ファイルやスクリプトなどの隠しファイルがエクスプローラーに表示されません。 ( REF Google検索結果)。 また、一部のウイルスは、[フォルダーオプション]→[表示]タブから[ 非表示のファイルとフォルダー ]オプションを完全に削除します。

[修正]非表示のファイルやフォルダが表示されない、または機能しない

Bitdefender機能

Bitdefenderセキュリティソフトウェアを使用している場合、[表示]タブまたはファイルエクスプローラーのリボンから隠しファイルの設定を切り替えることができない場合があります。 リボンの非表示アイテムのチェックボックスを有効にすると、チェックマークが一瞬表示され、再び非表示になる場合があります。

これは、Bitdefenderの侵入検知モジュールまたは同様の機能が原因です。 BitDefenderのActive Virus Control Usermode Filtering Library avcuf64.dllは、重要なファイルとレジストリエントリを変更する試みをブロックします。 BitDefenderは、マルウェアによって変更されないように特定のレジストリキーを保護しています。 Bitdefenderの機能を一時的に無効にすると、エクスプローラーで非表示のファイルを非表示または表示できます。

Bitdefenderを使用していない場合は、以下のレジストリ修正を適用してください:

「隠しファイルとフォルダーを表示する」–レジストリの修正

  1. 以下に示す.regファイルの内容(オペレーティングシステムに関する)をメモ帳にコピーします。
  2. 拡張子が.regのファイルを保存します例: showallfiles.reg (詳細については、.regファイルを作成して実行する方法を参照してください)。
  3. showallfiles.regファイルをダブルクリックして実行します。
  4. [すべてのファイルとフォルダを表示する]オプションを再構成します。

Windows 10の場合

 Windowsレジストリエディタバージョン5.00 [-HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion \ Explorer \ Advanced \ Folder \ Hidden] [HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion \ Explorer \ Advanced \ Folder \ Hidden] "Bitmap" = hex( 2):25, 00, 53, 00, 79, 00, 73, 00, 74, 00, 65, 00, 6d、00, 52, 00, 6f、00, 6f、00, 74、\ 00, 25、 00, 5c、00, 73, 00, 79, 00, 73, 00, 74, 00, 65, 00, 6d、00, 33, 00, 32, 00, 5c、00, 73, 00、\ 68, 00 、65, 00, 6c、00, 6c、00, 33, 00, 32, 00, 2e、00, 64, 00, 6c、00, 6c、00, 2c、00, 34, 00, 00、\ 00 " Text "=" @ shell32.dll、-30499 "" Type "=" group "[HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion \ Explorer \ Advanced \ Folder \ Hidden \ NOHIDDEN]" CheckedValue "= dword:00000002" DefaultValue " = dword:00000002 "HKeyRoot" = dword:80000001 "Id" = dword:00000001 "RegPath" = "Software \\ Microsoft \\ Windows \\ CurrentVersion \\ Explorer \\ Advanced" "Text" = "@ shell32.dll、 -30501 "" Type "=" radio "" ValueName "=" Hidden "[HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion \ Explorer \ Advanced \ Folder \ Hidden \ SHOWALL]" CheckedValue "= dword:00000001" Defa ultValue "= dword:00000002" HKeyRoot "= dword:80000001" Id "= dword:00000002" RegPath "=" Software \\ Microsoft \\ Windows \\ CurrentVersion \\ Explorer \\ Advanced "" Text "=" @ shell32。 dll、-30500 "" Type "=" radio "" ValueName "=" Hidden " 

Windows Vistaの場合

 Windowsレジストリエディタバージョン5.00 [-HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion \ Explorer \ Advanced \ Folder \ Hidden] [HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion \ Explorer \ Advanced \ Folder \ Hidden] "Text" = "@ shell32.dll、-30499 "" Type "=" group "" Bitmap "= hex(2):25, 00, 53, 00, 79, 00, 73, 00, 74, 00, 65, 00, 6d、00 、52, 00, 6f、00, 6f、00, 74、\ 00, 25, 00, 5c、00, 73, 00, 79, 00, 73, 00, 74, 00, 65, 00, 6d、00、 33, 00, 32, 00, 5c、00, 53, 00、\ 48, 00, 45, 00, 4c、00, 4c、00, 33, 00, 32, 00, 2e、00, 64, 00, 6c 、00, 6c、00, 2c、00, 34, 00, 00、\ 00 "HelpID" = "shell.hlp#51131" [HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion \ Explorer \ Advanced \ Folder \ Hidden \ NOHIDDEN ] "CheckedValue" = dword:00000002 "DefaultValue" = dword:00000002 "HKeyRoot" = dword:80000001 "HelpID" = "shell.hlp#51104" "RegPath" = "Software \\ Microsoft \\ Windows \\ CurrentVersion \\ Explorer \\ Advanced "" Text "=" @ shell32.dll、-30501 "" Type "=" radio "" ValueName "=" Hidden "[HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion \ Explorer \ Advanced \ Folder \ Hidden \すべて表示する] " CheckedValue "= dword:00000001" DefaultValue "= dword:00000002" HKeyRoot "= dword:80000001" HelpID "=" shell.hlp#51105 "" RegPath "=" Software \\ Microsoft \\ Windows \\ CurrentVersion \\ Explorer \ \ Advanced "" Text "=" @ shell32.dll、-30500 "" Type "=" radio "" ValueName "="非表示 " 

それでおしまい! [フォルダオプション]→[表示]タブの[ 隠しファイルとフォルダを表示する]設定を修正する必要があります。 .regファイルは、次のレジストリキーとサブキーの欠落または不正なエントリを復元します。

$config[ads_text6] not found
 HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion \ Explorer \ Advanced \ Folder \ Hidden 

必ずウイルス対策ソフトウェアを更新し、システム全体のスキャンを実行してください。 Malwarebytes Antimalwareを使用した徹底的なスキャンをフォローアップすることを忘れないでください。

関連記事