デスクトップアイコンを表示–タスクバーに固定

タスクバーの右端にデスクトップピークボタンがあり、その上にマウスを移動するかクリックすると、デスクトップが前面に表示されます。 ただし、Windows 10では、ピークボタンは非常に幅が狭く、使いにくい場合があります。 代わりに、[デスクトップの表示]ショートカットを作成して、タスクバーに固定できます。

「デスクトップを表示」アイコンをタスクバーに固定

方法1:エクスプローラーのショートカットを使用してデスクトップを表示する(トグル)

次のターゲットへのショートカットを作成します。

 explorer.exe shell ::: {3080F90D-D7AD-11D9-BD98-0000947B0257} 

ショートカットを右クリックし、[プロパティ]をクリックします

[変更]アイコンをクリックします

shell32.dllからデスクトップアイコンを選択します。 ショートカットの名前を[ デスクトップの表示 ]に変更し、ショートカットを右クリックして[タスクバーに固定 ]をクリックします。

方法2:スクリプトを使用してデスクトップを表示する(トグル)

これらの2行をメモ帳にコピーし、toggledesktop.vbsとしてC:\ Windowsなどの永続的な場所に保存します。

 dim oSh:set oSh = CreateObject( "shell.application")

oSh.ToggleDesktop

スクリプトファイルへのショートカットを作成し、ショートカットターゲットの前にWScript.exeを付けます。 例えば:

wscript.exe c:\ windows \ toggledesktop.vbs

方法1のようにショートカットアイコンをカスタマイズし、ショートカットにShow Desktopという名前を付けます。

ショートカットを右クリックして、[ タスクバーに固定 ]をクリックします

これで、デスクトップショートカットを削除できます。

関連記事