ScreenRecorder:Technetの無料のScreen-to-Videoキャプチャユーティリティ

以前、Windows 7のProblem Steps Recorder(PSR)ツールについて書きました。これは、コンピューターで問題を再現するための手順を記録し、データをMHTMLドキュメントに保存する優れたツールです。 これは、コンピューターで実行する手順を記録してビデオ(.WMV)ファイルに保存するのに役立つMicrosoft Technetの別のツールです。 これは、Microsoft Camcorder(出力を.AVIファイルに保存するWindows 95/98用に作成されたユーティリティ)に似たScreenRecorderユーティリティです。 ScreenRecorderは、Windows XP(.NET Framework 3.5 SP1以降)、Windows VistaおよびWindows 7で動作します。

Screenrecorderは、Windows Mediaエンコーダを使用して画面をキャプチャし、WMVファイルに保存します。 これは、問題を再現する手順をキャプチャしたり、チュートリアルビデオを作成して誰かに送信したりする場合に非常に役立ちます。

オーディオを録音するオプションもあることに注意してください。

Windows 7 / Vistaでツールを実行するとエラーが発生する

このツールを実行すると、Windows VistaおよびWindows 7のユーザーに「ScreenRecorderが動作を停止しました」というエラーが表示されることがあります。

この問題を解決するには、次のナレッジベース記事からMicrosoft Hotfix 929182をダウンロードして適用します。

[FIX] Windows Vistaを実行しているコンピューターでWindows Mediaエンコーダー9シリーズを使用すると問題が発生することがある

(Microsoft TechNet経由)

関連記事