「別のユーザーとして実行」コンテキストメニューオプションがWindows 7に組み込まれている

Windows Vistaユーザーは、RunAs.exeコンソールツールまたはWindows SysInternalsのShellRunasシェル拡張を使用して、別のユーザーとしてプログラムを起動する必要があります。 Windows 7には、右クリックメニューの組み込みオプションとして[別のユーザーとして実行]機能が含まれています。

クリス・ジャクソンの意味的調和から:

昇格する必要がないため、[別のユーザーとして実行]オプションは[管理者として実行]とは異なります。 管理ユーザーとして実行できますが、昇格されていない資格情報を持つそのユーザーとして実行されます。 また、管理者として実行ではなく、ネットのみの資格情報をサポートします。

Windows 7の[ 別のユーザーコンテキストメニューとして実行 ]オプションは拡張メニューとして実装されており、実行可能ファイルまたはそのショートカットを右クリックしてShiftキーを押したままにした場合にのみ表示されます。 これは、以前に説明した非表示のメニュー項目の1つです。

関連記事