不足している新しい「フォルダ」をデスクトップの右クリックメニューに復元する

デスクトップの空の領域を右クリックすると、表示される[新規]メニューに[フォルダ]エントリが含まれていない場合があります。 また、フォルダーの[新しいフォルダー]ツールバーボタンをクリックするか、Ctrl + Shift + Nキーを押してフォルダーを作成しようとしても、何も起こらない場合があります。

「Folder」レジストリエントリがない場合、新しいフォルダを作成できません。 この投稿では、問題を修正する方法について説明します。

右クリックメニューに新しい「フォルダー」オプションを復元する

オプション1:レジストリファイル(.regエントリ)を使用する

以下のいずれかのリンクから、Windowsのバージョンに対応する「フォルダー」関連付け修正プログラムをダウンロードして適用します。

  1. Windows 10の修正(Windows 10ファイルの関連付けの修正を介して)
  2. Windows 8の修正(Windows 8ファイルの関連付けの修正による)
  3. Windows 7の修正(Windows 7ファイルの関連付けの修正による)

オプション2:レジストリエディターを使用する

  1. [スタート]ボタンをクリックし、「 Regedit.exe」と入力して 、Enterキーを押します
  2. 次の場所に移動します。
     HKEY_CLASSES_ROOT \ Folder 
  3. 右ペインでダブルクリック(デフォルト)し、そのデータをフォルダに設定します

  4. レジストリエディタを終了します。
  5. ログオフし、再度ログインします。

これで、右クリックメニュー、Ctrl + Shift + Nキーストローク、またはファイルエクスプローラーリボンを介して新しいフォルダーを作成できるようになります。

関連: Windows 10で遅いデスクトップの「新しい」コンテキストメニュー

デスクトップの右クリックメニューにない「新しい」オプションを復元する方法

「新規」メニュー自体がない場合は、別のレジストリキーを修正する必要があります。

  1. レジストリエディターで、次のキーに移動します。
     HKEY_CLASSES_ROOT \ Directory \ Background \ shellex \ ContextMenuHandlers 
  2. Newという名前のサブキーがまだ存在しない場合は作成します。
  3. [ 新しいキー]を選択した状態で、右側のペインで(デフォルト)をダブルクリックします。
  4. (デフォルト)値データを次のように選択します。
     {D969A300-E7FF-11d0-A93B-00A0C90F2719} 
  5. レジストリエディタを終了します。

または、上記の編集を自動化する場合の.regファイルを次に示します。

 Windowsレジストリエディターバージョン5.00 [HKEY_CLASSES_ROOT \ Directory \ Background \ shellex \ ContextMenuHandlers \ New] @ = "{D969A300-E7FF-11d0-A93B-00A0C90F2719}" 

上記の行をメモ帳にコピーし、.reg拡張子を付けてファイルを保存します。

ダブルクリックして、内容をレジストリに適用します。

Windowsで.REGファイル(登録エントリ)を使用する方法)

これにより、Windowsの不足している[ 新規 ]メニューと[ 新規 ]メニューの[ フォルダ ]オプションが復元されます。

不足しているテキストドキュメントを[新規]メニューに復元します。

.txtファイルをサードパーティのエディタ(Notepad ++など)に関連付けた後で、[新規]メニューにテキストドキュメントエントリが表示されない場合は、ここに復元する方法を示します。

レジストリエディターで、次の場所に移動します。

 HKEY_CLASSES_ROOT \ .txt 

ダブルクリック(デフォルト)して、データをtxtfile設定します

また、次のキーが存在することを確認してください。

 HKEY_CLASSES_ROOT \ .txt \ ShellNew 

ShellNewキーには、空のデータを含むNullFileという名前の文字列値(REG_SZ)が必要です。

存在しない場合は、手動で作成してください。

レジストリエディタを終了します。

.regファイルを使用して自動化する

 Windowsレジストリエディタバージョン5.00 [HKEY_CLASSES_ROOT \ .txt] @ = "txtfile" "Content Type" = "text / plain" "PerceivedType" = "text" [HKEY_CLASSES_ROOT \ .txt \ ShellNew] "NullFile" = "" 

関連記事