Windows XPでレジストリとファイルのアクセス許可をリセットする

Windows XP Service Packまたはアップデートのインストール時にAccess is deniedエラーが発生した場合 、レジストリとファイルのアクセス許可をリセットする必要がある場合があります。 ( 例: Service Pack 3セットアップエラー。アクセスが拒否されました。)

ヒント:エラーService Pack 3セットアップエラーが表示された場合。 Windows XP Service Pack 3のインストール時にアクセスが拒否されました。エラーの原因がレジストリの不正なアクセス許可であるかどうかを確認するには、メモ帳を使用してC:\ Windows \ Svcpack.logファイルを開き、テキストAccess is denied or DoRegistryUpdates failedを探します。

注:アクセス拒否エラーは、サードパーティのアプリケーション、特にウイルス対策またはスパイウェア対策のアプリケーションによっても発生する可能性があります。 したがって、すべてのウイルス対策ユーティリティとスパイウェア対策ユーティリティを一時的に閉じてから、Service Packをインストールしてください。 これはほとんどの場合に役立ちます。 レジストリとファイルのアクセス許可は、必要な場合にのみリセットしてください。

レジストリとファイルのアクセス許可のリセット

SECEDIT.EXEの使用(Windows XP Professionalの場合)

Windows XP Professionalでは、次のseceditコマンドラインを使用して、ファイルとレジストリのアクセス許可をデフォルトにリセットできます。

secedit / configure / cfg%windir%\ repair \ secsetup.inf / db secsetup.sdb / verbose

詳細については、「セキュリティ設定をデフォルトにリセットする方法」の記事を参照してください。

SubInACLの使用

Windows XP Home Edition(およびProfessional Edition)では、SubInACLツールを使用してレジストリとファイルのアクセス許可をリセットできます。 MicrosoftからSubinacl.exe(〜370 KB)をダウンロードしてインストールします。 SubInACLは、管理者がファイルやレジストリキーなどのセキュリティ情報を取得できるようにするコマンドラインツールです。

reset.zipをダウンロードして解凍し、 reset.cmdファイルを実行します。 このスクリプトは、システムのレジストリとファイルのアクセス許可をリセットします。

Reset.cmdの内容

ファイルreset.cmdには、次の行が含まれています。

cd / d "%ProgramFiles%\ Windows Resource Kits \ Tools"

subinacl / subkeyreg HKEY_LOCAL_MACHINE / grant = administrators = f / grant = system = f

subinacl / subkeyreg HKEY_CURRENT_USER / grant = administrators = f / grant = system = f

subinacl / subkeyreg HKEY_CLASSES_ROOT / grant = administrators = f / grant = system = f

$config[ads_text6] not found

subinacl / subdirectories%SystemDrive%\ / grant = administrators = f / grant = system = f

関連記事