Windowsの[プログラムから開く]メニューから不要なプログラムを削除する

ファイルを右クリックすると、[プログラムから開く]メニューが表示され、ファイルを開くためのプログラムのリストが表示されます。 [プログラムから開く]ダイアログで、ファイルを開くプログラムを参照して選択すると、プログラムのエントリが[プログラムから開く]メニューと[プログラムから開く]ダイアログに追加されます。 場合によっては、プログラムを誤って[プログラムから開く]リストに追加して、メニューから削除する方法を考えてしまうことがあります。

この記事では、すべてのファイルタイプだけでなく、特定のファイルタイプの[開く ]メニューから不要なエントリを削除する方法について説明ます。 説明のために、 .txtファイルタイプの場合を考えてみましょう。

目次

  1. すべてのファイルタイプの「開く」メニューから不要なエントリを削除する
  2. 特定のファイルタイプの「開く」メニューから不要なエントリを削除する
    • OpenWithListレジストリキー
    • OpenWithProgIDsレジストリキー
    • その他のレジストリの場所(プログラムではほとんど使用されません)

シナリオ

Compare Itというプログラムを考えてみましょう [プログラムから開く]メニュー(および[プログラムから選択して開く]ダイアログで開く)に誤って追加されたので、不要なエントリを削除します。

続行する前に、安全対策としてシステムの復元ポイントを作成します。

すべてのファイルタイプの「開く」メニューから不要なアイテムを削除する

[プログラムから開く]メニューと[プログラムの選択]ダイアログから不要なプログラムを削除するには、次の手順に従います。

  1. レジストリエディター( regedit.exe )を起動します。
  2. 次の場所に移動します。
     HKEY_CLASSES_ROOT \ Applications \ application_name.exe 

    この場合、アプリケーションはそれを比較します! の実行ファイル名wincmp3.exe

    $config[ads_text6] not found
  3. wincmp3.exeキーを右クリックし、[削除]を選択します

  4. レジストリエディターを終了する

それでおしまい! これにより、[アプリケーションとアプリケーション]メニューからアプリケーションが削除されます。 変更はすべてのファイルタイプに影響します。

特定のファイルタイプの「開く」メニューから不要なアイテムを削除する

OpenWithListキー

OpenWithListキーには値のリストが含まれ、各値にはアプリケーションの実行可能な名前が含まれています。 例: paint.exenotepad.exewordpad.exeなど。ファイル拡張子のこのキーの下にリストされているアプリケーションは、[アプリケーションから開く]ダイアログボックスとWindowsの[アプリケーションから開く]サブメニューの下に表示されます。

  1. レジストリエディター( regedit.exe )を起動します。
  2. 次の場所に移動します。
     HKEY_CURRENT_USER \ Software \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion \ Explorer \ FileExts \ .txt \ OpenWithList 
  3. 右側のペインで、レジストリ値「 b 」は、 Compare It!の実行可能ファイルであるwincmp3.exeを参照しています ユーティリティ。

  4. [プログラムから開く ]ダイアログからプログラムを削除するには、そのエントリを右クリックして[ 削除]をクリックします。 確認を求められたら、[ はい]をクリックします。

    出来上がり! それを比較してください! エントリが[プログラムから開く]メニューから削除されました。

編集者注:そのキーを削除するとCompare It!が削除されました。 Open withリストから、この記事の目的を解決しました! ただし、 Open withエントリの入力元となる他のレジストリの場所についてお伝えします(他の場所はプログラムで使用されることはまれですが)。

OpenWithProgidsキー

OpenWithProgIDsキーには値のリストが含まれ、各値にはProgIDが含まれています。 ProgIDの例としては、 txtfilejpegfilegiffileWordpad.Document.8xmlfileなどがあります。

ProgIDが指しているプログラムを知る方法は?

ProgIDについて理解を深めるには、以下の画像をご覧ください。

また、各ProgId( rtffileなど )について詳しく知るには、HKEY_CLASSES_ROOT \ ProgID>ブランチとそのサブキーにアクセスして、どの実行可能ファイルが指しているかを知る必要があります。 .rtfファイルの場合、ProgID rtffilertffileを指していwordpad.exe

ProgIDを実行可能ファイルにマップする方法がわかったので、レジストリの編集に進みましょう。

  1. レジストリエディターで、「 OpenWithList 」の横にある次のOpenWithProgidsキーに移動します。
     HKEY_CURRENT_USER \ Software \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion \ Explorer \ FileExts \ .txt \ OpenWithProgids 

    右側のペインでは、各エントリは.exeファイル名ではなく、プログラムID(ProgId)を指しています。 場合によっては、プログラムがこのキーを使用して、[プログラムから開く ]ダイアログに自分自身を追加します。 .txtファイルの場合、 txtfileOpenWithProgidsキーにリストされているデフォルトのProgIdです。

  2. そこで不要なエントリを見つけたら、右クリックして「削除」を選択します。 私たちの場合、余分なProgIDは見つかりませんでした。

  3. レジストリエディタを終了します。

より多くの「プログラムから開く」レジストリの場所—プログラムではめったに使用されません

SystemFileAssociations \ perceived type>

OpenWithListおよびOpenWithProgIDsは、ファイルタイプごとに加えて、 知覚されたタイプごとに実装できます。 ファイル拡張子の知覚タイプimageとして定義されてimage場合、次のキーの下にあるOpenWithListおよびOpenWithProgIDsサブキーは、WindowsでOpen withリストを生成するために使用されます。

 HKEY_CLASSES_ROOT \ SystemFileAssociations \ image \ 

ファイル拡張子の知覚されるタイプは、 オーディオイメージシステムテキスト、またはビデオです。 認識されたタイプは、ファイル拡張子のレジストリキーのPerceivedTypeという名前の値に割り当てられます。 例、.rtfファイルの場合、PerceivedTypeはdocument

.rtfファイルタイプのPerceivedTypeは「ドキュメント」

「開く」–レジストリの場所の完全なリスト

上記の指示に従ってOpenWithListおよびOpenWithProgIDsエントリを削除したにもかかわらず、不要なエントリがリストに表示されているとします。 その場合、さらにこれらの追加のレジストリの場所を徹底的に検査する必要があります。 たとえば、ファイルの種類(.txt)の[アプリケーションから開く]リストには、次のレジストリキーの1つ以上が入力されます。

 HKEY_CURRENT_USER \ Software \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion \ Explorer \ FileExts \ .txt \ OpenWithList HKEY_CURRENT_USER \ Software \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion \ Explorer \ FileExts \ .txt \ OpenWithProgIDs HKEY_CLASSES_ROOT \ .txt \ OpenWithList HKEY_CLASSES_ROOT \ .txtHOPEN_PROGID_ROOT_ESROOT_PRO_ID SystemFileAssociations \ perceivedtype \ OpenWithList 

この記事が、Windowsの[プログラムから開く](プログラムを選択する)ダイアログだけでなく、[プログラムから開く]ダイアログから不要なエントリを削除するのに役立つことを願っています。

関連記事

  • 「別のアプリを選択」で開くが機能しない。 それを修正するには?
  • Windows 10で関連付けられていない「別のアプリを選択」エラープログラムで開くを修正
  • 右クリックメニューからさまざまなブラウザを使用して.URLファイル(インターネットショートカット)を開く方法
  • ダイアログから開くから「常に選択したプログラムを使用する」オプションを削除する方法
  • レジストリエディターを使用してファイルの関連付けを削除する方法
  • [修正] Windowsバッチファイル(.bat)をダブルクリックしても実行されない

関連記事