コマンドラインを使用してWindowsをスリープモードまたは休止状態モードにする

Windowsでスリープまたは休止状態機能を頻繁に使用する場合は、スタートメニューを開かなくても、タスクバーへのショートカットを作成してピン留めすることで、コンピュータをシングルクリックでスリープモードまたは休止状態モードにすることができます。 これを行う方法は次のとおりです。

Windowsをスリープ状態にする

NirCmdの使用

NirCmdはNirsoftの多目的ツールであり、ショートカットまたはコマンドラインを使用して多くの複雑なシステム管理タスクを自動化するために使用できます。 コンピューターをスリープモードにするには、次のターゲットでショートカットを作成します。

 nircmdスタンバイ 

PsShutdownの使用

PsShutdownは、Microsoft Windows SysInternalsのPsToolsスイートの一部であり、すべてのsysadminがツールキットに持っています。 次に、システムをスリープモードにするコマンドラインを示します。

 psshutdown -d 

このツールを初めて使用するときは、続行するために受け入れる必要があるEULA画面が表示されます。

Wizmoの使用

Wizmoを使用した場合のコマンドラインは次のとおりです。

 ウィズモスタンバイ 

Windowsを休止状態にする

システムを休止状態モードにするオプションは次のとおりです。 まず、組み込みのソリューションshutdown.exeを使用します。

 shutdown.exe / h 
 nircmd休止状態 
 ウィズモハイバネート 
 psshutdown -h 

モニターの電源を切ります

システムをスリープ状態にせずにモニターの電源を切るには、次のオプションがあります。

 ウィズモモノフ 
 nircmdモニターがオフ 

関連: Windowsでショートカットまたはコマンドラインを使用してモニターをオフにする方法

$config[ads_text6] not found

関連記事