アクティブ時間とカスタム再起動時間を設定することにより、WUが勤務時間中にシステムを再起動しないようにします

Windows 10 Anniversary Updateには、Windows Updateが通常の勤務時間中にシステムを再起動しないように、デバイスの使用時間(「アクティブ時間」)を構成できる設定が含まれています。 ここでは、アクティブ時間の設定方法と、オプションの「カスタム再起動時間」の設定について説明します。

アクティブ時間とカスタム再起動時間の設定

設定(WinKey + i)を開き、[更新とセキュリティ]をクリックして、[アクティブな時間を変更]をクリックします。

開始時刻と終了時刻を設定し、設定を保存します。

アクティブな時間は、このデバイスを通常使用する時間を知らせます。 アップデートのインストールを完了するために再起動が必要な場合、アクティブな時間帯にデバイスが自動的に再起動されることはありません。

これを有効にした後、アクティブな時間帯の更新後、デバイスは自動的に再起動しません。 システムはアクティブな時間外に再起動を試みます。 最大アクティブ時間の長さは、アクティブ時間の開始時間から12時間であることに注意してください。

「カスタム再起動時間」を設定してアクティブ時間を上書きする

必要に応じて、ケースバイケースでカスタムの再起動時間を設定することにより、アクティブ時間を上書きできます。 再起動がスケジュールされている現在の保留中の更新のインストールを完了するためにアクティブ時間の終わりまで待たない場合は、この設定を使用します。

再起動がスケジュールされている場合、このオプションを使用して、アクティブな時間を一時的に上書きし、現在の更新のインストールを完了するカスタム時間をスケジュールできます。 デバイスが予定された時間に接続されていることを確認します。

Windows Update設定ページで、[再起動オプション]リンクをクリックします。 これにより、カスタムの再起動時間を設定できるページが開きます。

保留中の更新がない場合、または再起動がスケジュールされていない場合は、カスタム再起動時間オプションを使用するとグレー表示になります。

上記の設定により、WUがシステムを再起動するタイミングをもう少し細かく制御できます。 ただし、以前のバージョンのWindowsのように、「ダウンロードするがインストールしない」または「アップデートをダウンロードする前に通知する」などのオプションが存在する場合にのみ便利です。

$config[ads_text6] not found

関連記事