写真アプリのマウスホイール設定:スクロールしてズームするか、前/次を表示

WindowsフォトビューアーとWindows画像とFAXビューアー(Windows 7)で1枚の写真を表示しているときに、マウスのスクロールボタンを回転させて画像をズームすると、ほとんどの人がWindows 10の新しい写真アプリで同じことを期待していました。

Windows 10の初期のビルドでは、フォトアプリに前/次の写真をマウスホイールでスクロールする動作が含まれていました。 次に、暫定ビルドの1つで、マウスホイールがズームを開始する機能が変更されました。 一部のユーザーはこの不一致に満足していません。

Windows 10 Fall Creators Update:写真アプリのマウスホイールの設定

Windows 10 Photosアプリでは、Fall Creators Update(v1709)を使用して、マウスホイールのスクロールの動作を構成できます。前/次の画像にスクロールするか、現在の画像をズームイン/ズームアウトします。

1.写真アプリを開き、省略記号ボタン(3つのドット)をクリックします。

2. [ 設定]をクリックします

3. [マウスホイール]で、マウスホイールの回転アクションを構成します—次のオプションのいずれかを選択します。

  • 次または前のアイテムを表示
  • ズームインまたはズームアウトします。

写真アプリのマウスホイール機能の設定

注:Ctrl +マウスホイールは常にズームインまたはズームアウトします。

古いビルドのWindows 10(v1703以前)

AutoHotKeyを使用して「前/次の画像にスクロール」機能を取得する

Windows 10バージョン1703(Creators Update)以前のフォトアプリでは、[設定]ページに上記のオプションはありませんでした。 ただし、「次/前の写真にスクロール」機能を使用するには、Redditユーザーu / lblb_lblbが記述したAutoHotkeyスクリプトを使用できます。

AutoHotkeyはWindows向けの無料のオープンソーススクリプト言語であり、ユーザーはフォームフィラー、自動クリック、マクロなど、あらゆる種類のタスク用の小規模から複雑なスクリプトを簡単に作成できます。

このスクリプトを使用するには、AutoHotkeyをインストールする必要があります。 次に、次のコード行をコピーしてメモ帳に貼り付け、.AHKファイル拡張子を付けて保存します。

 SetBatchLines、-1 #SingleInstance、Force #If MouseIsOver( "ahk_class ApplicationFrameWindow")WheelUp :: Right WheelDown :: Left MouseIsOver(WinTitle){MouseGetPos,,, Win Return WinExist(WinTitle。 "ahk_id"。Win)} 

保存した.AHKスクリプトファイルをダブルクリックして実行します。

今すぐ写真アプリを起動します。 マウスホイールをスクロールすると、次または前の画像に移動できます。

関連記事