キーボードショートカットを使用して現在のフォルダーでコマンドプロンプトを開く

フォルダーウィンドウから現在のフォルダーパスでコマンドプロンプトを開くには、少なくともいくつかの方法があります。 広く使用されている2つのオプションには、ファイルエクスプローラーのアドレスバーからcmd.exeを実行することと、フォルダーの背景のコンテキストメニューから[コマンドウィンドウを開く]オプションを使用することが含まれます。

ただし、キーボードショートカットまたはホットキーを使用してこれを実現する組み込みオプションはありません。 この投稿では、AutoHotkey自動化ツールを使用して、現在のディレクトリパスでコマンドプロンプト(またはadminコマンドプロンプト)を開く方法について説明します。

キーボードショートカットを使用して現在のフォルダーでコマンドプロンプトを開く

AutoHotkeyを使用してホットキー(Winkey + C)を割り当てることにより、現在のフォルダーでコマンドプロンプトを開きます。

  1. AutoHotkeyをダウンロードしてインストールします。
  2. メモ帳を開き、以下のコード行をコピーします
  3. .ahk拡張子を付けてファイルを保存します—たとえば、 open_cmd_here.ahk
     #c :: opencmdhere(); Win + Cキーを押して、現在のディレクトリでコマンドプロンプトを開きます。 opencmdhere(){WinActive( "ahk_class CabinetWClass")の場合|| WinActive( "ahk_class ExploreWClass"){WinHWND:= WinActive()Win for ComObjCreate( "Shell.Application")。Windowsの場合(win.HWND = WinHWND){currdir:= SubStr(win.LocationURL、9)currdir:= RegExReplace(currdir、 "%20"、 "")Break}} Run、cmd、%currdir? currdir: "C:\"}#+ c :: opencmdhereadmin(); Win + Shift + Cを押して、現在のディレクトリでadminコマンドプロンプトを開きます。 opencmdhereadmin(){WinActive( "ahk_class CabinetWClass")の場合|| WinActive( "ahk_class ExploreWClass"){WinHWND:= WinActive()Win for ComObjCreate( "Shell.Application")。Windowsの場合(win.HWND = WinHWND){currdir:= SubStr(win.LocationURL、9)currdir:= RegExReplace(currdir、 "%20"、 "")currdir:= RegExReplace(currdir、 "/"、 "\")Break}}実行* RunAs cmd.exe / k pushd%currdir%} 

    クレジット:tmplinshi

  4. .ahkファイルをダブルクリックして実行します。

スクリプトはバックグラウンドで実行され、通知領域に表示されます。

  • 現在のフォルダーからコマンドプロンプトウィンドウを開くには、Win + Cキーを押します
  • 現在のフォルダーから管理コマンドプロンプトを開くには、Win + Shift + Cを押します。

Winkey + CおよびWin + Shift + Cホットキーをインターセプトし、現在のファイルエクスプローラーのフォルダーパスを取得して、現在のフォルダーの場所にコマンドプロンプトウィンドウを開きます。

注:現在開いているフォルダーウィンドウがない場合、またはこのPC、ライブラリ、クイックアクセスなどの非ファイルシステムフォルダーが現在のフォルダーである場合は、Winkey + Cを押すと、コマンドプロンプトがC:\起動されC:\

スクリプトが常にバックグラウンドで実行されている場合、より多くのメモリを使用しますか?

番号! スクリプトは非常に軽量で、約400キロバイトから2.5 MBのシステムメモリしか使用しません。

現在のディレクトリでコマンドプロンプトを開く他の方法

エクスプローラーのアドレスバーに「 cmd.exeと入力し、Enterキーを押します

現在のフォルダーの場所でコマンドプロンプトを起動します。 このPCやクイックアクセスなどの非ファイルシステムフォルダーが現在のフォルダーである場合、cmd.exeを実行すると、デフォルトでC:\Windows\System32が開きます。

もう1つのオプションは、そのフォルダーの空の領域を右クリックして、[ ここでコマンドウィンドウを開く ]をクリックすることです 。 オプションが表示されない場合は、Shiftキーを押しながら右クリックします。

右クリックメニューから[ ここコマンドウィンドウを開く ]がまだ見つからない場合は、Windows 10の記事「コマンドウィンドウをここで開く」コンテキストメニューオプションを取り戻すで説明されているレジストリ編集を適用します。

関連記事