OneNote 2016画面クリッピングショートカットキー–変更方法

Windows 10 Creators Updateは、OneNoteの一般的な画面クリッピングショートカットであるWin + Shift + Sに代わるものです。CreatorsUpdate以降、このショートカットはグローバルホットキー、つまりオペレーティングシステムの機能になります。 Win + Shift + Sは、任意のアプリケーションから画面領域をキャプチャし、それをクリップボードにコピーします— Snipping Toolの新しい"/CLIP"コマンドラインを搭載しています。

Windows 10の画面の一部のスクリーンショットも参照してください[Winkey + Shift + S]

つまり、このキーボードショートカットを使用して、スクリーンクリッピングをOneNoteページに挿入することはできなくなります。

ただし、回避策があります。 レジストリを編集することで、OneNote 2016の画面クリッピングに別のショートカットキーの組み合わせを割り当てることができます。 たとえば、代わりにWin + Shift + Xを設定してスクリーンクリップを実行できます。

OneNote 2016の画面クリップのショートカットキーを変更する

  1. レジストリエディター(regedit.exe)を起動します。
  2. 次の場所に移動します。
     HKEY_CURRENT_USER \ SOFTWARE \ Microsoft \ Office \ 16.0 \ OneNote \ Options \ Other 

    これはOneNote 2016の場合であり、OneNoteモダンまたはUWPアプリには適用されません。 以前のバージョンでは、適切なブランチを使用してください。 例:バージョン2013の場合は「13.0」など。

  3. ScreenClippingShortcutKeyという名前のDWORD値を作成します
  4. ScreenClippingShortcutKeyをダブルクリックし、それに応じて値のデータを設定します。 Win + Shift + Xの場合、値のデータを58(16進数)に設定します。

    別のショートカットキーの組み合わせについては、適切な16進値を設定します。 このサイトの16進コード表を参照してください:仮想キーコードのリスト。 リストはあなたの便宜のために以下に掲載されています。

    キー10進数16進数
    a6541
    b6642
    c6743
    d6844
    e6945
    f7046
    g7147
    h7248
    7349
    j744A
    k754B
    l764C
    メートル774D
    784E
    o794F
    p8050
    q8151
    r8252
    s8353
    t8454
    あなた8555
    v8656
    w8757
    バツ8858
    y8959
    z905A
  5. レジストリエディタを終了します。

上記のレジストリ編集は、Windowsのどのバージョンでも機能します。 ただし、Windows 10 Creators Update以降を実行している場合は特に便利です。

関連記事