Windows Vistaのパブリックフォルダーの[場所]タブに移動ボタンがない

パブリックフォルダーの1つを右クリックし、[プロパティ]をクリックして[場所]タブを選択すると、[ デフォルト戻す ]、[ 移動 ]、および[ ターゲットの検索 ]ボタンが表示されない場合があります。 その結果、パブリックデスクトップ、パブリックドキュメント、パブリックミュージック、パブリックピクチャ、パブリックビデオなどのパブリックフォルダーを移動することはできません。

Microsoftの記事KB933127に、この問題の回避策が記載されています。 ユーザーアカウント制御(UAC)を一時的に無効にし、Windowsを再起動してから、パブリックフォルダーを再配置することをお勧めします。 完了したら、UACを再度有効にしてWindowsを再起動します。

別のオプションは、セーフモードで管理者または同等のものとしてログインし、パブリックフォルダーを移動することです。

これはやや退屈に聞こえ、Windowsを2回再起動する必要があります。 UACをオフにせずに、パブリックフォルダーを再配置するための簡単な方法を次に示します。 再起動は必要ありません。

Windows Vistaでのパブリックフォルダーの移動

1.すべてのフォルダウィンドウを閉じます。

2.管理者特権のコマンドプロンプトウィンドウを開きます。 管理者特権のコマンドプロンプトを開くには、[スタート]、[すべてのプログラム]、[アクセサリ]の順にクリックし、[ コマンドプロンプト ]を右クリックして、[ 管理者として実行 ]をクリックします

3.非表示の[ Exit Explorer ]オプションを使用して、Explorer.exeプロセスを終了します。 (まだ新しいexplorer.exeインスタンスを開始しないでください。)

4. adminコマンドプロンプトウィンドウに切り替えます。

5.コマンドプロンプトで、 explorer.exeと入力し、Enterキーを押します。 これにより、昇格した特権でシェルが起動します。

6.再配置するパブリックフォルダーを右クリックし、[プロパティ]をクリックします。 [場所]タブに、[ デフォルト戻す] 、[ 移動 ] 、[ ターゲットの検索 ]というボタンが表示されます。

7.パブリックフォルダの再配置が完了したら、 ログオフして再度ログインします。 (これは非常に重要です。以下のセキュリティノートをお読みください。)

重要: Explorer.exeが昇格された特権で実行されている場合、シェル拡張とExplorer.exeの子プロセスも昇格されて実行されます。 これは大きなセキュリティリスクです。 マイクロソフトのアーロンマーゴシスは、次のように指摘しています。

関連記事