Windows 10の画面でアクションセンターを常に開いたままにする

Windows 10アクションセンターは、アプリとシステムの通知を表示し、ユーザーが一般的に使用される設定ページに簡単にアクセスできるようにクイックアクションボタンを提供します。

既定では、Windows 10アクションセンターパネルは、アクティブなウィンドウフォーカスを失うと、ユーザーがプログラムウィンドウまたはその他の場所をクリックしたときに自動的に閉じます。 これはレジストリハックです。手動で閉じるまで、アクションセンターパネルは常に画面に表示されたままになります。

プロセスモニターを使用しているときに、「DisableLightDismiss」という名前のレジストリ値に遭遇しました。これを1に設定すると、アクションセンターを一度起動した後も画面に残ります。

このレジストリ編集の価値について疑問がある場合は、 アクションセンターパネルを 常に画面の右側に 固定 たいという人がいることに注意してください 私はユーザーからのそのような要求をいくつか見たので、この投稿を見てしまいました。

アクションセンターを常に開いたままにする

Regedit.exeを起動し、次の場所に移動します。

 HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion \ ImmersiveShell \ Launcher 

DisableLightDismissという名前のDWORD値を作成し、その値のデータを

レジストリエディタを終了します。

次に、WinKey + Aを押すか、その通知領域アイコンをクリックして、アクションセンターパネルを開きます。 [スタート]ボタン、またはアクションセンター以外の場所をクリックします。 ウィンドウのフォーカスを失っても、アクションセンターパネルは画面上で開いたままになります。

ドッキングまたはピン留めされるのではなく、フローティングパネルとして画面に残ります。 つまり、プログラムウィンドウの一部がアクションセンターパネルの後ろに隠れたままになります。 それは大きな不便です。

アクションセンターを閉じるには、次のいずれかの操作を行います。

  • アクションセンターパネルをクリックし、{ESC}を押します
  • WinKey + Aを押す
  • トグルスイッチとして機能する通知領域のアクションセンターアイコンをクリックします。

このレジストリ編集はWindows 10 v1607(Anniversary Update)で機能しますが、v1511でテストする機会がありませんでした。

関連記事