Internet Explorer 9では、Windows 7のタスクバーにWebサイトのショートカットを固定できます

Internet Explorer 9では、ウェブサイトをタスクバーに直接固定できるので、お気に入りのウェブサイトをワンクリックで起動できます。 Webサイトをタスクバーに固定するには、アドレスバーの左側に表示されるWebサイトのファビコンをクリックしてタスクバーにドラッグします。

この機能は、ピン留めされたアイテムのプロパティから明らかな「.website」拡張子が付いた新しいファイルタイプ[ピン留めサイトのショートカット]を導入することで可能になりました。

ピン留めサイトショートカット[.website]ファイルタイプの関連付け

[HKEY_CLASSES_ROOT \ .website]

@ = "Microsoft.Website"

"PerceivedType" = "システム"

"コンテンツタイプ" = "application / x-mswebsite"

[HKEY_CLASSES_ROOT \ Microsoft.Website]

@ = "ピン留めサイトのショートカット"

"NeverShowExt" = ""

"EditFlags" = dword:00000002

"IsShortcut" = ""

"FriendlyTypeName" = "@ C:\\ Windows \\ System32 \\ ieframe.dll、-10576"

[HKEY_CLASSES_ROOT \ Microsoft.Website \ DefaultIcon]

@ = "C:\\ Windows \\ System32 \\ ieframe.dll、-211"

[HKEY_CLASSES_ROOT \ Microsoft.Website \ Shell \ Open \ Command]

@ = "\" C:\\ Program Files(x86)\\ Internet Explorer \\ iexplore.exe \ "-w \"%l \ "%*"

[HKEY_CLASSES_ROOT \ Microsoft.Website \ ShellEx \ ContextMenuHandlers \ {90AA3A4E-1CBA-4233-B8BB-535773D48449}]

[HKEY_CLASSES_ROOT \ Microsoft.Website \ ShellEx \ ContextMenuHandlers \ {a2a9545d-a0c2-42b4-9708-a0b2badd77c8}]

[HKEY_CLASSES_ROOT \ Microsoft.Website \ ShellEx \ IconHandler]

@ = "{182C3813-DF97-40fa-9C4E-B7D3E74F00CA}"

[HKEY_CLASSES_ROOT \ Microsoft.Website \ ShellEx \ PropertyHandler]

@ = "{182C3813-DF97-40fa-9C4E-B7D3E74F00CA}"

[HKEY_CLASSES_ROOT \ Microsoft.Website \ ShellEx \ PropertySheetHandlers]

[HKEY_CLASSES_ROOT \ Microsoft.Website \ ShellEx \ PropertySheetHandlers \ {182C3813-DF97-40fa-9C4E-B7D3E74F00CA}]

[HKEY_CLASSES_ROOT \ Microsoft.Website \ ShellEx \ {000214F9-0000-0000-C000-000000000046}]

$config[ads_text6] not found

@ = "{182C3813-DF97-40fa-9C4E-B7D3E74F00CA}"

[HKEY_CLASSES_ROOT \ Microsoft.Website \ ShellEx \ {00021500-0000-0000-C000-000000000046}]

@ = "{182C3813-DF97-40fa-9C4E-B7D3E74F00CA}"

Windows 7のIE8の場合のように、お気に入りメニュー/バーに表示される通常のURLは固定できないことに注意してください。通常のWebサイトショートカット(.URLファイル)に「固定」機能を追加すると便利です。そのため、新しいファイルタイプ「.website」は必要ありません。

関連記事