UBCD4WinブートCDを使用してDriveImage XMLバックアップイメージを復元する方法

DriveImage XMLは、ハードディスクパーティションを簡単にバックアップ、復元、コピーできるフリーウェアのドライブイメージプログラムです。 ただし、Windowsの実行中は、以前のバックアップからシステムドライブにDriveImage XMLイメージを復元することはできません。 これを実行しようとすると、「 ターゲットパーティションをシステムドライブにすることはできません 」というエラーが発生し、復元操作が開始されません。

この状況では、ハードディスクをスレーブとして別のPCに接続できます。 DriveImage XMLをインストールし、以前のバックアップからドライブイメージを復元します。 または、Windows用のUltimate Boot CDを使用します。 Windows用のUltimate Boot CD(UBCD4Win)はBartPEに基づいており、Windows XP CD(SP1またはSP2がスリップストリームされている)が必要です。 この記事では、UBCD4Winを使用して(ハードディスクパーティションの1つに格納されている)DriveImage XMLバックアップを復元する方法について説明します。 UBCD4Winを使用する利点は、DriveImage XMLプラグインを含む多くのプラグインがデフォルトでロードされることです。

更新: KnoppixベースのランタイムライブCDまたはUSBメディアを作成して、ドライブイメージをオフラインで復元することもできます。 ISOは、DriveImageXMLの製造元であるランタイムソフトウェアから入手できます。 試してみる。

$config[ads_text6] not found

Windows用のUltimate Boot CDを使用したDriveImage XMLバックアップの復元

1. Windows用のUltimate Boot CD(UBCD4Win)メディアをダウンロードして作成します。

2. UBCD4WinブートCDをドライブに挿入し、CDドライブからシステムを起動します。 BIOSで起動順序を適宜設定する必要がある場合があることに注意してください。

3. UBCD4Winデスクトップが読み込まれたら、DriveImage XMLデスクトップアイコンをクリックします。

4. [復元]をクリックします

ドライブイメージXMLファイルを見つけます。 このファイルは、以前のイメージバックアップが置かれているのと同じフォルダにあります。

イメージを復元するパーティションを選択し、[次へ]をクリックします。

警告メッセージを読み、ダイアログのようにテキスト文字列を入力して、[OK]をクリックします。

復元操作が開始されます。

これで、以前のバックアップイメージが正常に復元されました。

OKをクリックします。 DriveImage XMLを終了し、ドライブからUBCD4WinブートCDを取り出して、システムを再起動します。

関連記事