Windows 10の右クリックメニューから画像のサイズを変更する方法

最近、Windowsの右クリックメニューから画像のサイズを変更するための優れたツールを見つけました。 これは、Brice Lambsonによって作成されたImage Resizerユーティリティです。 このユーティリティは、MicrosoftのImage Resizer PowerToyに似ており、Windows 10を含むすべてのバージョンのWindowsで正常に動作します。

Windows 10の右クリックメニューから画像のサイズを変更する

開発者のサイトまたは彼のGithubページからImage Resizerをダウンロードしてインストールします。 このプログラムは、画像ファイルの種類の右クリックメニューに[ 画像サイズ変更 ]コマンドを追加します。

サイズ変更ダイアログには、4つのプリセットオプションが一覧表示され、出力ファイルのサイズを指定できるカスタム設定を選択することもできます。

元の画像を誤って上書きしないように、[元の画像サイズを変更する(コピーを作成しない) ]オプションはデフォルトでオフになっています。

カスタムオプションを選択すると、出力ファイルにはサフィックス(Custom)が付きます。例: hero-image (Custom).jpg

ヒント: カスタムオプションを選択するときは、幅または高さフィールドのピクセル/比率を手動で計算するのではなく(縦横比を維持するため)、フィールドの1つを空白にして、ツールが指定された幅に基づいて画像のサイズを自動的に変更するようにします。 (または高さ)に言及し、アスペクト比を維持します。 関連: Windows 10で写真アプリを使用して画像のサイズを変更する方法

画像リサイザ–詳細オプション

出力ファイル名をカスタマイズするには、サイズ変更ダイアログの詳細オプションをクリックします。 [ファイル ]タブで、必要に応じてファイル名のサフィックスを変更できます。

たとえば、パラメーターを%1 (%3 x %4)すると、出力ファイル名のサフィックスが付いた画像の寸法になります。 次の画像にリストされている3番目のファイルを参照してください。

[ エンコード ]タブでは、フォールバックエンコーダー、JPEG品質レベル、PNGインターレース、およびTIF圧縮設定を設定できます。

[サイズ]タブでは、4つのプリセットオプションを削除またはカスタマイズして、カスタムディメンションを含むリストに独自のオプションを追加できます。

ここで言及されているサイズは、画像のサイズ変更ダイアログの事前設定されたリストに表示されます。

関連記事