Windows 10の通知領域からWindows Defenderアイコンを削除する方法

Windows 10 Redstoneビルドでは、Windows Defenderアイコンが通知領域に追加され、[設定]から削除できません。 ただし、Windows Defenderによって追加されたオプションのスタートアップエントリを無効にすることで、アイコンを削除できます。

Anniversary Build(またはRedstone 1)には、Windows Defenderトレイアイコンを追加するMSASCuiL.exeという名前の追加の実行可能ファイルが含まれています。

Windows Defender通知領域のアイコンを削除する

通知領域からDefenderアイコンを削除するには(次回のログインから有効)、起動時にこのプログラムが読み込まれないようにします。

タスクバーを右クリックし、[タスクマネージャ]をクリックして、[スタートアップ]タブを選択します。

Windows Defenderの通知アイコンを右クリックし、[無効にする]をクリックします

Defenderの通知アイコンプログラムが無効になっていても、[設定]> [更新とセキュリティ]> [Windows Defender]から、通常どおりWindows Defenderを起動して使用できます。

Windows Defender通知領域のアイコンが再び表示されますか?

Windows Defenderの通知領域のエントリは起動時に無効になっていますが、Windows Defenderプログラムウィンドウ(msascui.exe)を起動すると、通知アイコンを表示するmsascuil.exeも起動します。 Windows Defenderを閉じた後でも、アイコンは通知領域に残ります。 また、msascuil.exeをブロックしようとすると、Windows Defenderユーザーインターフェイスの起動時にかなりの遅延が発生し、ウィンドウがしばらく応答しなくなる場合があります。

アイコンを削除するには、ログオフしてからログインし直すか、タスクマネージャを使用してプロセスを手動で強制終了します。

または、実行ダイアログ(WinKey + R)からコマンド「 tskill msascuil 」を実行します。

注:これによってWindows Defenderのリアルタイム保護機能が無効になることはありません。 リアルタイムスキャンはWindows Defenderサービスとコアモジュールによって処理され、メインのWindows DefenderユーザーインターフェイスはMSASCui.exeです。

関連記事