CCleanerでEasy Cleanモードを削除する方法

CCleaner 5.57は、テクノロジーに精通していないユーザーがインターフェイスをより簡単に理解できるように、Easy Cleanという名前のクリーニングモードを導入しました。

Easy Cleanは、よりシンプルで直感的なインターフェースを提供し、日常の言語を使用して、クリーニングできるファイルのタイプを説明します。 ファイルは「トラッカー」または「ジャンク」のいずれかに分類されるようになり、ユーザーがクリーンをカスタマイズしたい場合は、各ファイルタイプの目的が説明されます(たとえば、インターネット一時ファイルは「ウェブサイトにアクセスしたときに残ったファイル」と説明されています)。 。

CCleanerの最新バージョンでは、メインウィンドウにEasy CleanCustom cleanの 2つのオプションが表示されます。

Easy Cleanを選択して[Analyze]ボタンをクリックすると、2つのカテゴリの項目、つまりTrackersJunkが表示されます。 分析が完了したら、クリーンアップするアイテムを確認して選択/選択解除できます。

一方、 カスタムクリーンは古いインターフェイスにはエントリのリストが表示され、分析またはクリーンアップを実行する前に、アプリケーションごとにエントリを選択または選択解除できます。

CCleanerをデフォルトでカスタムクリーンにする

デフォルトでCCleanerダッシュボードをカスタムクリーンに開くには、CCleaner 設定を開いて[ カスタムクリーン ]を選択することで、それを構成できます。

CCleanerの「Easy Clean」オプションを削除する方法

EasyまたはCustomボタンのない古いインターフェースを好む人のために、ここにレジストリ編集があります:

  1. レジストリエディター( regedit.exe )を起動し、次のブランチに移動します。
     HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ Piriform \ CCleaner 
  2. (Cfg)QuickCleanをダブルクリックして、データを0設定します0
  3. レジストリエディタを終了します。

CCleanerを再度開くと、Easy CleanボタンとCustom Cleanボタンが表示されなくなります。 Cleanerという名前のオプションが表示されるはずです(これはカスタムクリーンに相当します)。

関連記事