テキストまたはHTMLファイルにエクスポートしてWindows更新履歴を印刷する方法

アップデートをインストールするか、システムが自動的にインストールするたびに、Windows Updateの履歴がKB番号で更新されます。 Windows Updateの履歴を確認できますが、GUIには、Windows Updateの履歴画面からインストールされた更新プログラムのリストを印刷するオプションがありません。 ここでは、Windows Updateの履歴の印刷に役立つNirsoftサイトのツールをいくつか紹介します。

ファイルにエクスポートしてWindows更新履歴を印刷する方法

WinUpdatesListの使用

WinUpdatesListは、ローカルコンピュータにインストールされているService PackとHotfixを含む、すべてのWindowsアップデートのリストを表示します。 更新のリストをクリップボードにコピーするか、ワンクリックでテキスト/ HTML / XMLファイルに保存できます。 リストされている各アップデートについて、次のフィールドが表示されます。

名前、説明、インストール日、更新タイプ、Webリンク、詳細説明、最終変更時間、インストール者、バージョンの表示、アプリケーション、アンインストールコマンド

すべてのエントリを選択し、[保存]ボタンをクリックします。 ファイルの種類のドロップダウンリストボックスから、データを書き込む形式を選択します。 WinUpdatesListは、Windowsのすべてのバージョンで機能します。

注: WinUpdatesListツールは非常に古く、更新されていません。 WinUpdatesListに代わるWinUpdatesViewという新しいツールがあります

WinUpdatesView(Windows Updates History Viewer)

WinUpdatesViewは、システム上のWindows更新の履歴を表示するNirsoftのシンプルなツールです。 WinUpdatesViewは、APIを使用してローカルシステムからWindows更新履歴を読み込み、外部ドライブまたはネットワーク上のリモートコンピューターからWindows更新データベースファイル( DataStore.edb )を読み取って解析することもできます。

$config[ads_text6] not found

関連:特定のWindows Update(KB)がコンピューターにインストールされているかどうかを確認する方法

SysExporterの使用

SysExporterを使用すると、システムで実行されているほぼすべてのアプリケーションから標準のリストビュー、ツリービュー、リストボックス、コンボボックスに保存されているデータを取得し、テキスト、HTML、またはXMLファイルにエクスポートできます。 SysExporterを使用して、Windows UpdateリストをWindows 7コンピューター上のテキストファイルにエクスポートしてみましょう。

残念ながら、Windows 10コンピューターでは、SysExporterはコントロールパネル→すべてのコントロールパネルの項目→プログラムと機能→ インストールされた更新リストの表示ビューボックスからWindows更新リストを取得できません。

Windows 7でWindows更新履歴をエクスポートするには、次の手順を使用します。

  1. SysExporterツールをダウンロードして実行する
  2. [スタート]、[すべてのプログラム]、[Windows Update]の順にクリックします
  3. [ 更新履歴を表示]をクリックします
  4. SysExporterで、 View update history(ListView)という名前のアイテムを選択します。
  5. 下のペインで、すべてのエントリを選択します(CTRL + A)
  6. 右クリックして[ 選択したアイテムコピー(タブ区切り) ]を選択します
  7. メモ帳を開き 、クリップボードからテキストを貼り付けます。
  8. メモ帳ドキュメントを保存します。

また、Microsoft Excelを使用してエクスポートしたCSVファイルを開き、列ヘッダーとともにきちんと表示されるようにすることもできます。

PowerShellの使用

Windows Powershellを起動します。 PowerShellコンソールに次のコードをコピーして貼り付けます。

 Get-Hotfix | フォーマットリスト 

これにより、オペレーティングシステムにインストールされているアップデートが一覧表示されます。

次のコードスニペットは、すべての種類の更新(Windowsとアプリの両方)を一覧表示しますが、Windows Update、Microsoft Update、自動更新機能を使用して、またはWSUS経由でインストールされたもののみをリストします。

 #Wua History ResultCodeを名前に変換#0、および5は履歴に使用されません#//msdn.microsoft.com/en-us/library/windows/desktop/aa387095(v=vs.85).aspx関数を参照してくださいConvert -WuaResultCodeToName {param([Parameter(Mandatory = $ true)] [int] $ ResultCode)$ Result = $ ResultCode switch($ ResultCode){2 {$ Result = "Succeeded"} 3 {$ Result = "エラーで成功" } 4 {$ Result = "Failed"}} return $ Result} function Get-WuaHistory {#WUAセッションを取得$ session =(New-Object -ComObject 'Microsoft.Update.Session')#で始まる最新の1000個の履歴をクエリ最初のレコード$ history = $ session.QueryHistory( ""、0, 1000)| ForEach-Object {$ Result = Convert-WuaResultCodeToName -ResultCode $ _。ResultCode#comプロパティで非表示になっているプロパティを表示します。 $ _ | Add-Member -MemberType NoteProperty -Value $ Result -Name Result $ Product = $ _。Categories | Where-Object {$ _。Type -eq 'Product'} | Select-Object -First 1 -ExpandProperty Name $ _ | Add-Member -MemberType NoteProperty -Value $ _。UpdateIdentity.UpdateId -Name UpdateId $ _ | Add-Member -MemberType NoteProperty -Value $ _。UpdateIdentity.RevisionNumber -Name RevisionNumber $ _ | Add-Member -MemberType NoteProperty -Value $ Product -Name Product -PassThru Write-Output $ _} #nullレコードを削除し、必要なフィールドのみを返します$ history | Where-Object {![String] :: IsNullOrWhiteSpace($ _。title)} | Select-Object Result、Date、Title、SupportUrl、Product、UpdateId、RevisionNumber} 

Src:スタックオーバーフロー

次に実行します:

 Get-WuaHistory | フォーマットテーブル 

コマンドラインは、インストールされているWU更新プログラムの一覧をコンソールウィンドウに出力します。

結果を.htmlファイルに出力するには、次のコマンドを実行します。

 Get-WuaHistory | sort-object Date -Unique | ConvertTo-Html | Out-File d:\ wulist.htm 

これにより、インストールされたアップデートのリストがd:\wulist.htmという名前のHTMLファイルに出力されます。

次のように、HTMLファイルにCSSテーブルのスタイルを少し追加して、見栄えをよくすることができます。

または、次のPowerShellコードスニペットを使用して、タイトル、説明、日付、および操作のフィールドのみを取得することもできます。

 $ Session = New-Object -ComObject "Microsoft.Update.Session" $ Searcher = $ Session.CreateUpdateSearcher()$ historyCount = $ Searcher.GetTotalHistoryCount()$ Searcher.QueryHistory(0、$ historyCount)| Select-Object Title、Description、Date、@ {name = "Operation"; expression = {switch($ _。operation){1 {"インストール"}; 2 {"アンインストール"}; 3 {"その他"}}}} | Sort-Object Date -Unique | ConvertTo-Html | Out-File d:\ wulist.htm 

関連:特定のWindows Update(KB)がコンピューターにインストールされているかどうかを確認する方法

関連記事