Windowsで昇格したコマンドプロンプトまたは管理コマンドプロンプトを開く方法

コマンドプロンプトは、Windowsで最もよく使用されるツールの1つです。 管理者権限を必要とするタスクの場合、管理者としてコマンドプロンプトを起動する必要があります(「昇格」)。 この記事では、管理者特権または管理者のコマンドプロンプトウィンドウを開くさまざまな方法について説明します。

昇格または管理コマンドプロンプトを開く方法

Windows 10およびWindows 8.1のWin-Xメニューから

Win + Xキーを押すか、[スタート]ボタンを右クリックします。 [ コマンドプロンプト(管理者)]をクリックします

注: Windows 10の最近のバージョンでは、Win + XメニューのコマンドプロンプトがPowerShellに置き換えられています。 メニューにコマンドプロンプトを表示するには、Windows 10の「ここからコマンドウィンドウを開く」コンテキストメニューオプションを取得するの記事を参照してください。

Windows 10でCtrl + Shift + Enterを使用する

  1. [スタート]を右クリックし、[実行]をクリックします。
  2. 実行ダイアログにcmd.exeと入力します
  3. Ctrl + Shiftを押してEnterキーを押します。

これにより、管理者としてコマンドプロンプトウィンドウが起動します。

関連:Windows 10の[実行]ダイアログから(管理者として)昇格したプログラムを起動する[Ctrl + Shift]

Start Searchの使用– Windows 10およびそれ以前

  1. [スタート]をクリックし、「 cmd 」と入力します。 EXE
  2. 検索結果が表示されたら、 cmd.exeエントリを右クリックし、[ 管理者として実行 ]を選択します

    または、上/下矢印を使用して検索結果でcmd.exeを選択し、キーボードのCtrl + Shift + Enterを押します。 Ctrl + Shift + Enterは、プログラムを管理者として実行します。

タスクマネージャーの使用–新しいタスク

  1. タスクバーを右クリックし、[タスクマネージャ]をクリックします。 または、Ctrl + ShiftとEscを押します
  2. タスクマネージャーで、[ファイル]メニューをクリックし、[ 新しいタスクを実行 ]をクリックします。
  3. テキストボックスに「 cmd.exeと入力します。
  4. 管理者権限でこのタスクを作成できるようにします

  5. OKをクリックします。

タスクマネージャー方式には利点があります。 Windows 10では、タスクマネージャーはデフォルトで管理者として実行されるため、管理者アカウントからタスクマネージャーを使用してプログラムを起動しても、UACプロンプトは表示されません。

ショートカットのプロパティを使用して管理者として実行

[ スタート ]ボタン、[ すべてのプログラム ]、[ アクセサリ ]、[ コマンドプロンプト ]の順に右クリックし、[ 管理者として実行 ]をクリックします 。 コマンドプロンプトのショートカットをタスクバーに固定して、簡単にアクセスすることもできます。

または、 cmd.exeへの新しいデスクトップショートカットを作成できます。 ショートカットを右クリックし、[ 管理者として実行 ]を選択します 。 デフォルトで管理者としてショートカットを実行するには:

  1. デスクトップに作成したコマンドプロンプトショートカットを右クリックします。
  2. プロパティをクリックします
  3. [ ショートカット ]タブで、[ 詳細 ]をクリックします。
  4. 管理者として実行のチェックボックスを有効にします
  5. [ OK]と[ OK]をクリックします。

これで、ショートカットをダブルクリックするたびに、コマンドプロンプトウィンドウが昇格して開きます。

コマンドプロンプトを頻繁に使用している場合は、コマンドプロンプトを[スタート]メニューまたはタスクバーに固定できます。

フォルダとデスクトップの右クリックメニューから管理者として実行

[ ここにコマンドウィンドウを開く(管理者) ]オプションをフォルダーとデスクトップの右クリックメニューに追加するには、次の.regファイルを使用します。

 Windows Registry Editor Version 5.00 [HKEY_CLASSES_ROOT\Directory\shell\runas] @="Open Command Window Here (Administrator)" [HKEY_CLASSES_ROOT\Directory\shell\runas\command] @="cmd.exe /s /k pushd \"%V\"" [HKEY_CLASSES_ROOT\directory\Background\Shell\runas] @="Open Command Window Here (Administrator)" [HKEY_CLASSES_ROOT\directory\Background\Shell\runas\command] @="cmd.exe /s /k pushd \"%V\"" 

このPCコンピューター )コンテキストメニューにエントリを追加するには、次のREGファイルを使用します。

 Windows Registry Editor Version 5.00 [HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{20D04FE0-3AEA-1069-A2D8-08002B30309D}\shell\runas] @="Open Command Prompt (Administrator)" [HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{20D04FE0-3AEA-1069-A2D8-08002B30309D}\shell\runas\command] @="cmd.exe" 

上記の.regファイルは、以前に手動で追加された場合、レジストリのrunasコマンドを置き換えることに注意してください。 たとえば、フォルダの右クリックメニューに「所有権の取得」などを追加した場合は、 コマンドプロンプト(管理者)に置き換えられます。

.regファイルの使用方法

上記の内容から.regファイルを作成し、.regファイルをダブルクリックして、レジストリに設定を適用します。

これで、フォルダー、このPCまたはデスクトップのコンテキストメニューから管理者特権のコマンドプロンプトを開くことができます。 これは、フォルダーとこのPCコンピューター )とデスクトップのコンテキストメニューに[ここにコマンドプロンプトを開く(管理者) ]オプションを追加します。 ここにスクリーンショットがあります:

スクリーンショット

高度なコマンドプロンプト

通常のコマンドプロンプト

関連記事