Windowsでシステムの復元に割り当てられたディスク容量を減らす方法

システムの復元は、コンピューターのかなりの量のディスク領域を使用します。 大きなハードドライブを搭載したシステムの場合は問題ありませんが、特にWindows 10を使用している場合は、150 GBのハードディスクなどの低容量ドライブを搭載したシステムでディスク領域が不足する可能性があります。

ディスク領域が不足している場合は、ファイルとプログラムによるディスク使用量を分析し、以前のWindowsインストールファイルを消去し、ディスククリーンアップまたはCCleanerを使用して一時ファイルとジャンクファイルを一掃できます。 さらに、システムの復元に割り当てられているディスク容量を減らして、Windowsのどのバージョンでもディスク容量を解放することができます。

システムの復元で使用されるディスク容量を増やすまたは減らす

システムの復元用のディスク領域の割り当てを変更するには、次の手順に従います。

方法1:システムの復元のプロパティを使用する

[実行]ダイアログを使用して、 SystemPropertiesProtection.exeを起動し、[システムの復元]ダイアログを開きます。 または、 sysdm.cplを実行して、[システム保護]タブを選択します。

ディスク容量の割り当てを減らすドライブを選択します。 [ 構成]をクリックします。

このタブには、システムボリューム情報フォルダー内のシステムの復元による現在のディスク使用量が表示されます。

必要に応じて[Disk Space Usage]スライダを動かし、[ OK ]をクリックします。

または、ディスクスペースのスライダーを細かく減らすには、スライダーのポインターを正確にクリックして選択します。 キーボードの左矢印または右矢印を使用します。 左矢印または右矢印をタップするたびに、ディスク使用量のスライダーが1%ずつ増減します。

スライダーを左に下げると、システムの復元機能へのディスク領域の割り当てが低くなり、システムボリューム情報フォルダーのサイズが小さく保たれます。 最も古い復元ポイントが自動的に削除される(FIFO)ため、システムの復元で、割り当てた容量より多くのスペースが使用されません。

ドライブのすべての復元ポイントを削除することもできます。 システムのディスク容量が非常に少ない場合は、削除ボタンを押します。 ウイルス対策ソフトウェアがシステムボリューム情報フォルダー内のウイルスについて警告する場合は、システム保護を無効にして、上記のダイアログで[適用]をクリックする必要がある場合があります。 これにより、すべての復元ポイントが消去されます。 もう一度元に戻すことができます。

また、ディスククリーンアップを使用して、最新の復元ポイント以外のすべてをクリアできることを知っているかもしれません。

関連: Windowsで個々のシステムの復元ポイントを削除する方法?

方法2:Vssadminコマンドラインツールを使用する

システムの復元で使用されるディスク容量を表示する

システムの復元はシャドウコピーに基づいているため、ボリュームシャドウコピーサービスから割り当てられたディスク領域情報を取得します。 (以前のバージョンの機能はシャドウコピーも使用します。)システムの復元に割り当てられたディスク領域を表示または調整するには、Vssadmin.exe組み込みコマンドラインツールを使用できます。

システムの復元に使用されているスペースと割り当てられている最大スペースを表示するには、管理者特権のコマンドプロンプトを開き、次のコマンドを入力します。

 vssadminリストshadowstorage 

システム内の各ドライブのシャドウコピーに割り当てられた領域が表示されます。

 vssadmin 1.1-ボリュームシャドウコピーサービス管理コマンドラインツール(C)Copyright 2001-2013 Microsoft Corp. Shadow Copy Storage association for volume:(E:)\\?\ Volume {e9b9bd9d-0000-0000-0000-100000000000} \シャドウコピーストレージボリューム:(E:)\\?\ Volume {e9b9bd9d-0000-0000-0000-100000000000} \使用されたシャドウコピーストレージスペース:6.46 GB(0%)割り当てられたシャドウコピーストレージスペース:6.91 GB(0%)最大シャドウコピーストレージスペース:46.6 GB(5%)シャドウコピーストレージアソシエーションボリューム:(C:)\\?\ Volume {098cc206-0000-0000-0000-500600000000} \シャドウコピーストレージボリューム:(C:)\ \?\ Volume {098cc206-0000-0000-0000-500600000000} \使用されたシャドウコピーストレージスペース:0バイト(0%)割り当てられたシャドウコピーストレージスペース:0バイト(0%)最大シャドウコピーストレージスペース:3.89 GB(2 %) 

通常のコマンドプロンプトを使用してvssadmin.exeを実行すると、次のエラーメッセージが表示されます。

エラー:このコマンドを実行するための適切な権限がありません。 管理者特権を持つコマンドウィンドウからこのユーティリティを実行してください。

システムの復元のためのディスク容量の割り当てを減らす

Vssadminを使用してシステムの復元とシャドウコピーで使用されるディスク領域を減らすには、次のコマンドライン構文を使用します。

 vssadminがshadowstorageのサイズを変更します/ on = [ドライブ]:/ for = [ドライブ]:/ maxsize = [MaxSizeSpec] 

MaxSizeSpecは300MB以上である必要があり、KB、MB、GB、TB、PB、およびEBのサフィックスを受け入れます。 サフィックスが指定されていない場合、MaxSizeSpecはバイト単位です。 MaxSizeSpecが指定されていない場合は、使用できるスペースの量に制限はありません。

例:

シャドウコピーにC:ドライブのシャドウコピー用に2 GBのスペースを割り当てるには、次のコマンドを使用します。

 vssadminがshadowstorageのサイズを変更します/ for = c:/ on = c:/ maxsize = 2GB 

シャドウコピー700MBを割り当てるには、次のコマンドを使用します。

 vssadminがshadowstorageのサイズを変更します/ for = c:/ on = c:/ maxsize = 700MB 

コマンドを実行すると、コマンドプロンプトに「シャドウコピーストレージの関連付け正常にサイズ変更されました 」というメッセージが表示されます。 vssadmin list shadowstorageコマンドを実行して、割り当てられたスペースを確認できます。

重要:ストレージの関連付けのサイズを変更すると、シャドウコピーが表示されなくなる場合があります。 システムの復元ウィンドウに、「コンピュータのシステムドライブに復元ポイントが作成されていません。

また、MaxSizeSpec値を300 MB未満に設定すると、すべてのシャドウコピーが消去され、システムの復元ポイントがすべて消去されます。

システムの復元とシャドウコピーのためにディスク領域を減らしたり再割り当てしたりして、ディスク領域を解放できたと思います。

関連記事