Windows 10にOffice Picture Managerをインストールする方法

Microsoft Office Picture Managerは、Microsoft Office 2003で導入され、Office 2010まで含まれているグラフィックスビューアーおよびエディターです。多くの人は、UIまたはUXのために古き良きMicrosoft Office Picture Managerを好み、Windows 10にインストールしたいと考えています。

ただし、MicrosoftはOffice 2013のリリースでPicture Managerを廃止しました。同等の機能がWindows 10のフォトアプリで提供され、画像のトリミング、サイズ変更、赤目除去、ビデオトリミング、その他の機能が提供されます。 または、レジストリを使用して従来のWindowsフォトビューアーを有効にするか、Windows Liveフォトギャラリー(Microsoftではサポートされなくなった)をインストールすることもできます。

Office Picture Viewerがどうしても必要な場合でも、Windows 10にインストールできます。SharePointDesigner 2010インストーラーには、スタンドアロンアプリケーションとしてインストールできるオプションコンポーネントとしてOffice Picture Managerが含まれています。

この記事では、コンピューターにインストールされているOfficeのバージョン(Office 2013、Office 2016、Office 365など)に関係なく、Windows 10以前にOffice Picture Managerをインストールする方法について説明します。 Office Picture Managerは(Windowsフォトビューアーのように)超高速であり、特に画像プレビューアーとして使用する場合に便利です。

Windows 10にOffice Picture Managerをインストールする

Windows 10にOffice Picture Managerをインストールするには、Microsoft SharePoint Designer 2010をダ​​ウンロードしてセットアップを実行します。 インストールするコンポーネントのリストから、 Officeツールカテゴリの下にリストされているOffice Picture Managerのみを選択します。 これにより、Office Picture Managerがスタンドアロンアプリケーションとしてインストールされます。 Office Picture Managerには、ライセンスキーやアクティベーションは必要ありません。

SharePoint Designer 2010の公式のシステム要件ページには、「Windows 7、Windows Server 2003 R2 x64エディション、Windows Server 2008、Windows Server 2008 R2、Windows Vista Service Pack 1」と記載されています。 しかし、ソフトウェアはWindows 10で問題なく動作します。

公式マイクロソフトダウンロードセンターからのダウンロードリンクは次のとおりです。

  • Microsoft SharePoint Designer 2010(64ビット)をダウンロード– [279 MB]
  • Microsoft SharePoint Designer 2010(32ビット)をダウンロード– [254 MB]

インストーラーファイルSharePointDesigner.exe実行し、初期セットアップ画面で[ カスタマイズ ]をクリックします。

[インストールオプション]画面で、 Microsoft Office Picture Managerを除くすべてのカテゴリのすべてのコンポーネントを無効にします。

ヒント:各セクションの見出しを右クリックして、ドロップダウンから[使用不可]を選択します。 これにより、すべてのオプションが無効になります。 次に、Officeツールを展開し、Microsoft Office Picture Managerを有効にします。

[ 今すぐインストール]をクリックして、プロセスを完了します。

Office Picture Managerが[スタート]メニュー> [すべてのアプリ]リストに表示されます。 表示されない場合は、次のターゲットへのショートカットを手動で作成できます。

 C:\ Program Files \ Microsoft Office \ Office14 \ OIS.EXE 

アプリケーションを初めて開くと、ソフトウェアの更新方法を選択するように求められます。 [ 推奨設定使用]をクリックして、[OK ]をクリックします。 このオプションにより、Officeソフトウェアが自動的に更新されます。

Office Picture Managerは既定のアプリ(以前の "既定のプログラム")に登録され、新しい写真アプリやWindowsフォトビューアーの代わりに、既定のビューアーとして設定できます。

既定のビューアとして設定したら、画像ファイルをダブルクリックすると、Office Picture Managerを使用してファイルが開きます。 これは、軽量のビューアーおよびエディタープログラムで、Windowsフォトビューアーよりもはるかに優れており、Windows Liveフォトギャラリーに似ています。

関連: Windows Liveフォトギャラリーのダウンロード(Windows Live Essentials)

Office Picture Managerは、画像の明るさとコントラストの変更、赤目の除去、画像のトリミング、回転、反転、圧縮、サイズ変更を行うことができます。

Officeの更新

Office Picture Managerをインストールしてシステムを再起動した後、一部のOffice 2010更新プログラムはWindows Updateチャネルを通じて提供されます。 最新のサービスパック(Office Service Pack 2)を含め、すべてをインストールしてください。

Office Picture Managerのみをインストールした場合でも、PowerPoint 2010、SharePoint 2010、Word 2010、Excel 2010、Visio 2010、Access 2010のセキュリティ更新プログラムがあるかどうかに驚かないでください。 無関係な更新のインストールを無効にする方法がないようです。 しかし、Microsoftは何らかの理由でそれらがシステムに関連していると考えているため、先に進んでインストールしてください。

あなたはこのリンクで利用可能な最新のものにタブを保つことができます:

  • Windowsインストーラー(MSI)を使用するOfficeのバージョンの最新の更新によるOfficeの更新

おわりに

マイクロソフトは、Office 2010のサポートを2020年10月13日に終了することに注意してください。この日を過ぎると、SharePoint Designer 2010を含むOffice 2010製品の機能更新、バグ修正、およびセキュリティ更新は取得できなくなります。

つまり、2020年10月13日以降、Office製品(Office Picture Managerスタンドアロンインストールを含む)を引き続き使用すると、PCが脆弱になります。 主にコンピューターをオフラインで使用している場合— Webのブラウジングではなく画像編集タスクの場合、これは問題になりません。

Office 2010はサポートの終了間近(2020年10月)で、Windows Liveフォトギャラリーのサポートは既に終了しているため、セキュリティ上の理由から、別の画像ビューアープログラムに切り替えることをお勧めします。 新しいフォトアプリを試すか、Windowsフォトビューアー(編集機能がない)を使用するか、ImageGlass、IrfanViewなどのサードパーティエディターに切り替えます。

関連記事