Windows UpdateカタログからCABおよびMSUの更新をインストールする方法

Windows Update経由でアップデートをインストールすると、問題が発生する場合があります。 Windows Updateサーバーまたは地域で更新をホストするコンテンツ配信ネットワーク(CDN)の問題が原因で、ダウンロードが特定の段階で停止する場合があります。 ローカルコンピュータのWindows UpdateまたはBITSサービスの構成に問題がある可能性もあります。

どちらの場合も、テクニカルサポート担当者は、Microsoft Updateカタログを使用してオフラインで更新をダウンロードし、インストールするようにアドバイスする場合があります。

Microsoft Updateカタログは、ネットワークを介して配布するための更新プログラム(ドライバーを含む)を提供します。 Microsoft UpdateカタログからダウンロードしたWindows Updateパッケージは、単一システムでも使用できます。

Windows Updateパッケージには2つの形式があります。 1つは「Windows Update Standalone Package」形式(拡張子は.msu)、もう1つはキャビネットファイル(.cab)です。

.MSUファイル

Windows Updateスタンドアロンインストーラー(.msuファイル)には、次のアイテムが含まれています。

  1. Windows Updateメタデータ: .msuファイルに含まれる各更新パッケージについて説明します。
  2. 1つ以上の.cabファイル:各.cabファイルは1つの更新を表します。
  3. .xmlファイル:この.xmlファイルは、.msu更新パッケージを記述します。
  4. プロパティファイル:このファイルには、Wusa.exeが使用する文字列プロパティが含まれています。 たとえば、このファイルには、マイクロソフトサポート技術情報の関連記事のタイトル、KB ID、および「パッケージタイプ」情報が含まれています。

.msuファイルを実行すると、Windows Updateスタンドアロンインストーラー(wusa.exe)がパッケージの内容をフォルダーに抽出し、Windows Updateメタデータを読み取って、コンピューターで利用可能な更新プログラムを検索します。

まあ言ってみれば; システムに最新の更新が既にインストールされているか、適用しようとしている更新が別のプロセッサアーキテクチャ(x86とx64)に対するものである場合、WUSAはエラーメッセージをスローしてインストールプロセスを停止させます。コンピュータ

更新がシステムに適用されるとWUSAが判断した場合、WUSAはWindows UpdateエージェントAPIを使用してインストールプロセスを起動します。

.MSU更新パッケージのインストール

MSUファイルをインストールするには、ファイルをダブルクリックするだけです。 ただし、「/ quiet」(サイレントインストールの場合)などの追加のセットアップパラメーターを使用する必要がある場合は、Microsoft KBの記事WindowsのWindows Updateスタンドアロンインストーラーの説明を参照してください。

.CABファイル

キャビネットファイル(.CAB)は、システムファイルまたはドライバーを含む圧縮アーカイブです。 Windows Updateパッケージは、インストールエンジン、XMLファイル、またはメタデータファイルを含まないCAB形式で提供される場合があります。 たとえば、Windows 10の累積的な更新プログラムの更新パッケージKB3194496は、通常の.msu形式ではなく.cab形式で提供されていました。

.CAB更新のインストール(非ドライバー)

CAB更新を適用するには、DISMを使用する必要があります。これは、Deployment Image Servicing and Management Toolの略です。

管理者特権または管理者のコマンドプロンプトウィンドウを開き、次のように入力します。

 dism / online / add-package / packagepath: "cab_package_path" 

 dism / online / add-package / packagepath: "f:\ wu catalog \ windows10.0-kb3194496-x64.cab" 

Enterキーを押します。 これは、KB3194496更新プログラムを適用します。

Windows Updateパッケージが両方の形式(.cabと.msu)で提供されている場合、KB3197954の場合のように、常に.msuバージョンを選択します。

.CABファイルの右クリックメニューにインストールオプションを追加する

.CABファイルの右クリックメニューに「インストール」コマンドを追加して、DISMコマンドラインを手動で実行する必要がないようにすることもできます。

次の行をメモ帳にコピーし、.REG拡張子を付けて保存します。 次に、ファイルをダブルクリックして、内容をレジストリに適用します。

Windows Registry Editor Version 5.00 [-HKEY_CLASSES_ROOT\CABFolder\Shell\RunAs] [HKEY_CLASSES_ROOT\CABFolder\Shell\RunAs] @="Install" "HasLUAShield"="" [HKEY_CLASSES_ROOT\CABFolder\Shell\RunAs\Command] @="cmd /k dism /online /add-package /packagepath:"%1"" 

これにより、.CABファイルの右クリックメニューに「インストール」コマンドが追加されます。

.CABドライバーパッケージのインストール

DISMツールを使用してcabドライバーパッケージをインストールすると、次のエラーが表示される場合があります。

開こうとしてエラーが発生しました– filename.cabエラー:0x80070002

エラー:2

システムは、指定されたファイルを見つけることができません。

DISMログファイルはC:\ WINDOWS \ Logs \ DISM \ dism.logにあります

DISMドライバーサービスは、 /Add-Driverパラメーターを使用して実行する必要があります。 また、オフライン(WIM)画像でのみ機能します。

.cabファイルにドライバーが含まれている場合は、cabアーカイブの内容をフォルダーに抽出する必要があります。 expand.exeコマンドラインまたは7-Zipなどのサードパーティアーカイバを使用して、cabファイルの内容を抽出できます。 expandコマンドを使用して抽出するには、次のコマンドライン構文を使用します。

 cab_file -F:* destination_pathを展開します 

例:

 「D:\ drivers \ 200043875_a5fc6b6f03141541889a015827d9db2409a9945b.cab」を展開します-F:* D:\ Drivers \ Realtek 

次に、デバイスマネージャを開きます。 ドライバーを更新するデバイスを右クリックし、[ ドライバーの更新 ]をクリックします

[ コンピューターを参照してドライバーソフトウェアを検索します]を選択し、Realtekドライバーを抽出した場所を記載して更新します。

Windows 10でデバイスドライバーをバックアップおよび復元する方法 も参照してください。

関連記事