システムイベントログのイベントID 414タスクの構成エラーを修正する方法

タスクスケジューラは、システムイベントログに「タスクスケジューラサービスがNT TASK \タスク名に誤った構成を検出した」というイベントID 414エントリを書き込む場合があります。 これは、タスクが起動するように構成されたプログラムまたはスクリプトが欠落している場合に発生します。

たとえば、システムログの414イベントは次のとおりです。タスク名と実行するように構成されているファイル名が表示されます。 この場合、問題を引き起こしているのはRestore Point Creatorタスクです。

 ログ名:システムソース:Microsoft-Windows-TaskScheduler日付:イベントID:414タスクカテゴリ:タスクの誤構成レベル:警告キーワード:ユーザー:SYSTEMコンピューター:W10Insider説明:タスクスケジューラサービスは、NT TASK \ Restore Point Creatorの定義で誤設定を検出しました。 追加データ:エラー値:C:\ Program Files \ RP Creator \ rpcreator.exe。 

このタスクはサードパーティプログラムによって最初に追加されましたが、プログラムはシステムに存在しません。 ファイル "C:\ Program Files \ RP Creator \ rpcreator.exe"(またはフォルダーパス)が存在したため、タスクが実行されるたびにスケジューラーがログに記録しました(イベントID 414)。 廃止されたタスクは、タスクスケジューラを使用して削除できます。

タスクスケジューラを使用して無効なタスクを削除する

「スタート」をクリックし、「scheduler」と入力します。 検索結果の[タスクスケジューラ]をクリックします。 タスクスケジューラライブラリで、「ログに記載されているとおりに」「Restore Point Creator」という名前のタスクを右クリックし、[削除]を選択します。

タスクスケジューラを閉じます。 それでうまくいくはずです!

注:タスクの場所は、すべての場合にイベントログに記載されます。 たとえば、説明に「NT TASK \ Apple \ AppleTask definition」と表示されている場合は、タスクスケジューラライブラリを展開し、 Appleという名前のブランチを選択して、 AppleTaskという名前のタスクを削除する必要があります。

関連記事