Windows 7のウェルカム画面で空のユーザーアカウント画像を修正する方法

コンピュータを起動すると、ウェルカムセンターのユーザーアカウントリストに空のフレームが表示される場合があります。 コントロールパネルの[ユーザーアカウント]ウィンドウを開いた場合も同じ結果になります。 また、スタートメニューにユーザーアカウントアイコンが表示されない場合があります。

これは、ポリシーを既定のユーザーログオン画像をすべてのユーザーに適用する(レジストリ値:UseDefaultTile)ポリシーが設定されている 、ソースbmpファイルがシステムにない場合に発生します。 このポリシー設定を使用すると、管理者はシステム上のすべてのユーザーのログオン画像をデフォルトのユーザー画像に標準化できます。 このポリシーが有効になっている場合、ウェルカムセンターでは、%PROGRAMDATA%\ Microsoft \ User Account Pictures \ user.bmpに保存されているデフォルトのユーザー画像を使用します。 既定のゲスト画像は、%PROGRAMDATA%\ Microsoft \ User Account Pictures \ guest.bmpに保存されています。 デフォルトの画像が存在しない場合、空のフレームが表示されます。

この問題を解決するには、1)user.bmp(128×128 px)ファイルを上記のフォルダーに置き換えるか、2)ポリシー設定を[未構成]に設定します。

グループポリシーエディターを使用してポリシーを無効にするには、「既定のユーザーログオン画像をすべてのユーザーに適用する」を使用して、次の手順を実行します。

注: WindowsのHome Editionにはグループポリシーエディターが含まれていないため、レジストリベースのポリシーを使用してこの設定を構成する必要があります。 以下の「レジストリの修正」を参照してください。

$config[ads_text6] not found

1. [スタート]をクリックし、「 gpedit.msc」と入力して、Enterキーを押します

2.次のブランチに移動します。

コンピュータ構成| 管理用テンプレート| コントロールパネル| ユーザーアカウント

3. [ デフォルトのユーザーログオン画像をすべてのユーザーに適用する ]をダブルクリックします

4.未構成に設定します

5.グループポリシーエディターを終了します。

レジストリの修正

w7-restore-user-pic.zipをダウンロードしてデスクトップに保存します。 コンテンツを解凍し、ファイルをフォルダーに抽出します。 w7-restore-user-pic.regをダブルクリックして実行します。 変更を有効にするためにWindowsを再起動します。

Windowsを再起動すると、すべてのアカウントのユーザーアカウント画像が表示されます。

関連記事