Windows 10のビルド番号、バージョン、エディション、ビットネスを見つける方法

Windowsインストールのビルド番号、バージョン、「ビット」(32ビットまたは64ビット)は、さまざまな方法で決定できます。ここにリストされている方法のいくつかを示します。 スクリーンショットはWindows 10 PCのものですが、ほとんどの情報はすべてのバージョンのWindowsに適用されます。

Windows 10のビルド番号、バージョン、エディション、ビット数を確認する

システム設定アプリ

Windows 10では、システム設定アプリを使用してOS情報を検索します。 [スタート]をクリックし、 「PCについて 」と入力します 。 結果から[ PCについて]をクリックします


システム–コントロールパネル

Winkey + Pause-breakキーを押します。 [コントロールパネル]→[すべてのコントロールパネルアイテム]→[ システム ]が開きます 。 または、 sysdm.cpl直接実行することもできます。


DirectX診断ツールの使用

dxdiag.exeを実行します。


WMIC(WMIコマンドラインツール)の使用

コマンドプロンプトウィンドウを開き、次のように入力します。

 wmic osはBuildNumberを取得します 

WMICコマンドライン(「OSArchitecture」と表記)は、Windowsのビット数を示します。 次のようなWMIC OS Getコマンドを使用して、必要な数の詳細を取得できます。

 wmic os get Caption、Version、BuildNumber、OSArchitecture 

注:以下は、WMIC OS Get(Win32_OperatingSystemクラスを使用)を使用して取得できるフィールドの完全なリストです。

上記のすべての方法に加えて、Windowsのバージョンとビルド情報について、ヘルプ→バージョン情報ページのメモ帳、ワードパッド、Internet ExplorerなどのWindowsデスクトップアプリケーションを確認できます。


注:次のメソッドでは、x64バージョンのWindowsがインストールされているかどうかはわかりません。 インストールされているOSとシステムまたはプロセッサーのタイプ(x86またはx64)のみが表示されます。 システムタイプx64は、プロセッサが64ビットであることを意味します。 ただし、必ずしもWindows x64を使用しているとは限りません。 これは、x64 CPUベースのマシンで実行されているWindows x86 OSである可能性があります。

システム情報ユーティリティ

システム情報ユーティリティ(MSInfo32.exe)には、必要な詳細情報が含まれています。

下にスクロールして、[ハードウェアアブストラクションレイヤー]フィールドを確認します。 また、マイナービルド番号を含む完全なビルド番号も表示されます。


Windows(WinVer)について

winver.exeを実行します

または、コマンドプロンプトでver.exeコマンドを実行して、OSビルド番号を確認します。


デスクトップ上の透かし

デスクトップの「ビルド情報、バージョン、WinDirパスの表示」の記事のようにPaintDesktopVersionまたはDisplayVersionレジストリ値を追加した場合は、デスクトップにWindowsエディション、ビルド情報、WinDirパスが透かしとして表示されます。 Windowsの評価版の場合、透かしはデフォルトで表示されます。


SystemInfo.exeコマンドラインツールの使用

コマンドプロンプトウィンドウを開き、次のように入力します。

 systeminfo.exe 

SystemInfoコマンドは、必要以上の情報を出力します。 出力からOS名とOSバージョンのフィールドを取得するには、コマンドプロンプトウィンドウで次のように入力します。

 systeminfo | findstr / b / c: "OS名" / c: "OSバージョン" 

findstrコマンドは出力を解析し、2行(OS名とバージョン)のみを表示します。

関連: Windowsのインストール日時を確認する方法は?


Windows 10ビルド/バージョンアップグレード履歴

Windows 10がレジストリ内のすべてのビルド/機能のアップグレードを追跡していることをご存知ですか? Redditor u / sizzlrは興味深いレジストリの場所を見つけ、Windows 10ビルドのインストール日をレジストリから解読するPowerShellスクリプトを記述しました。

機能の更新をインストールするたびに、Windows 10は「Source OS(Updated on)」という名前の新しいサブキーを作成し、右側のペインに一連の値を作成します。 レジストリキーは次の場所にあります。

 HKEY_LOCAL_MACHINE \ SYSTEM \ Setup 

さらに、InstallTimeとInstallDateの2つの値があり、インストール日時を格納します。 次のPowerShellスクリプトは、すべての詳細を収集し、表に表示します。

 $ AllBuilds = $(gci "HKLM:\ System \ Setup" |?{$ _。Name -match "\\ Source \ s"})| %{$ _ | @ {n = "UpdateTime"; e = {if($ _。Name -match "Updated \ son \ s(\ d {1, 2} \ / \ d {1, 2} \ / \ d {4} \ s \ d {2}:\ d {2}:\ d {2})\)$ "){[dateTime] :: Parse($ Matches [1]、([Globalization.CultureInfo] :: CreateSpecificCulture( ' en-US ')))}}}、@ {n = "ReleaseID"; e = {$ _。GetValue( "ReleaseID")}}、@ {n = "Branch"; e = {$ _。GetValue( "BuildBranch")}}、@ {n = "Build"; e = {$ _。GetValue( "CurrentBuild")}}、@ {n = "ProductName"; e = {$ _。GetValue( "ProductName") }}、@ {n = "InstallTime"; e = {[datetime] :: FromFileTime($ _。GetValue( "InstallTime"))}}}; $ AllBuilds | UpdateTimeを並べ替える| ft UpdateTime、ReleaseID、Branch、Build、ProductName 

Windowsのビルド、OSのバージョン、ビット数を確認する他の方法を知っていますか? 以下のコメント欄でお知らせください。

関連記事