回復オプションを介してWindows 10のビルトインアドミニストレーターを有効にする方法

WindowsのビルトインAdministratorアカウントをアクティブ化して使用する必要がある状況があります。 ビルトインAdministratorアカウントは、デフォルトでは無効になっています。 既存の管理者ユーザーアカウントプロファイルが破損していて、2つ目の管理者アカウントを作成する必要がある場合は、組み込みの管理者アカウントを使用してタスクを実行する必要があります。

一方、 パスワード紛失した場合は、記事「修正:Windows 10での管理者権限またはパスワードを紛失した」の情報を使用して、組み込みの管理者アカウントをアクティブ化する必要があります。

この記事では、Windows 10でビルトインの管理者アカウント(「 Administrator 」という名前)を有効にし、セーフモードからログインする方法について説明します。 この記事は、Windows 10を正常に起動できないことを前提としています。

回復オプションを介してWindows 10のビルトインアドミニストレーターを有効にする方法

組み込みの管理者アカウントを有効にすることは、Windowsが正常に起動しない場合、またはアカウントにログインできない場合、Windowsリカバリー環境(別名「リカバリーオプション」)を介して行うことができます。

注:管理者ユーザーアカウントが既に存在し、正しく機能している、完全に機能しているWindows 10コンピューターの場合、組み込みの管理者(「管理者」)アカウントを有効にする必要はありません。 この記事では、Windows 10を正常に起動できないか、プロファイルの破損や同様の問題が原因で管理者レベルのユーザーアカウントにログインできないことを想定しています。

手順1:詳細な回復オプションにログインする(Windows RE)

  1. Windows 10のサインイン画面で、キーボードのShiftキーを押したままにします。
  2. Shiftキーを押したまま、電源ボタンをクリックし、[再起動]をクリックします。
  3. [回復オプション]メニューの[トラブルシューティング]をクリックし、[詳細オプション]をクリックします。

注: Windows 10が起動しない場合は、次の手順に従って[リカバリオプション]画面にアクセスしてください。

  • Windowsインストールメディアまたはリカバリドライブを使用してシステムを起動します(既に作成している場合)。 持っていない場合は、Windows 10 ISOをダウンロードして、別のコンピューターからブータブルメディアを作成します。
  • Windowsインストールメディアを使用して起動するときに表示されるWindowsセットアップページで、[次へ]をクリックします。
  • コンピュータを修復するをクリックします

手順2:Windows REからビルトインAdministratorアカウントを有効にする

  1. [詳細オプション]ダイアログで、[ コマンドプロンプト ]をクリックします。

  2. コマンドプロンプトウィンドウで、次のコマンドを入力してEnterキーを押します。
     ネットユーザー管理者/ active:yes 

  3. exitと入力して、[リカバリオプション]メニューに戻ります。
  4. Windows 10を終了して続行します。

ステップ3:ビルトインAdministratorアカウントにログインする

  1. サインイン画面が表示されたら、Shiftキーを押しながら電源アイコンを選択し、[再起動]をクリックします。
  2. コンピューターが再起動し、「オプションの選択」画面が表示されます。
  3. トラブルシューティング>詳細オプション>スタートアップ設定>再起動を選択します。
  4. コンピュータが再起動すると、オプションのリストが表示されます。 4またはF4を選択してPCをセーフモードで起動するか、5またはF5を選択してセーフモードとネットワークを使用します。
  5. セーフモードから管理者としてログインします。
  6. このアカウントを使用して、新しい管理者アカウントの作成、レジストリやファイルシステムのアクセス許可の修正などの管理タスクを実行します。
  7. セキュリティ上の理由から、このアカウントを使用してすべてのタスクを完了したら、無効にすることをお勧めします。 ビルトインAdministratorアカウントを無効にするには、管理者特権のコマンドプロンプトウィンドウを開き、次のように入力します。
     ネットユーザー管理者/ active:no 

それでおしまい! 組み込みの管理者アカウントはほとんど使用しません。

関連記事