Internet Explorerの「前回の閲覧セッションを再開する」機能を無効にする方法

新しいGPOが追加され、[前回の閲覧セッションを再開する]オプションを無効にすることができます。 このポリシー設定を有効にすると、ユーザーは[ツール]メニューの[ 前回の閲覧セッションを再開 ]オプションを使用できなくなります。 これはInternet Explorer 8以降で機能します。

方法1:レジストリエディターを使用する

Regedit.exeを起動し、次のブランチに移動します。

 HKEY_CURRENT_USER \ Software \ Policies \ Microsoft \ Internet Explorer \ Recovery 

注:デフォルトでは、 リカバリキーは存在しません。 手動で作成する必要があります。

NoReopenLastSessionという名前の新しいDWORD値を作成します。

NoReopenLastSessionをダブルクリックし、その値のデータを1に設定します

レジストリエディタを終了します。

方法2:グループポリシーエディターを使用する

グループポリシーエディター(gpedit.msc)を起動し、次の場所に移動します。

 ユーザーの構成→管理用テンプレート→Windowsコンポーネント→Internet Explorer 

[前回の閲覧セッション再度開くをオフにする]を[ 有効]に設定します。

編集者注:このポリシーを有効にすると、Internet Explorerの[ツール]メニューの[ 前回の閲覧セッションを再開 ]オプションのみが無効になることに注意してください。 ただし、Internet Explorerでは、このポリシー設定に関係なく、最後のブラウジングセッションの履歴が(2つの.datファイルに)保存されます。

関連記事