Windows 10でロック画面を無効にする方法は?

デスクトップコンピューターでWindows 10のロック画面は不便で不必要だと思いますか? この投稿では、Windows 10 Anniversary Update v1607以降でロック画面を無効にするさまざまな方法について説明します。

Windows 10 v1511では、ユーザーはグループポリシーまたは同等のレジストリベースのポリシー設定を使用してロック画面を無効にすることができました。 残念ながら、マイクロソフトはAnniversary UpdateでこのGPO設定を取り戻しました。

Anniversary Updateでは、NoLockScreenレジストリ値とそれに対応するGPO「ロック画面を表示しない」は、Windows 10 Home EditionおよびProfessional Editionでは効果がありません。 これらの設定は、EnterpriseおよびEducationエディションにのみ適用されるようになりました。 ただし、Windows 10のロック画面を無効にする方法はいくつかあります。手順はWindows 10のすべてのエディションとビルドに適用されます。

Windows 10でロック画面を無効にする

方法1:タスクスケジューラを使用する

次のレジストリ値を0に設定すると、ロック画面が無効になり、コンピューターがロックされているときにログオン画面が表示されます。 ロック画面は起動時にも表示され、この投稿の「オプション3」にあるようなサードパーティのパッチツールを使用する以外に回避策はないようです。

 HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion \ Authentication \ LogonUI \ SessionData 

問題は、アカウントにログインするか、コンピューターのロックを解除するたびに、値のデータが自動的に1に設定されることです。

3つのフォーラム(Ghacks経由)へのQuarterの参加者には、これに対する賢い回避策があります。 トリックは、これら2つのトリガーイベントで値データを0にリセットするスケジュールタスクを作成することです。

  1. ログオン時
  2. ワークステーションのロック解除

次のコマンドラインを実行するタスクを作成し、最高の権限で実行するように設定します。

 reg.exe追加HKLM \ SOFTWARE \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion \ Authentication \ LogonUI \ SessionData / t REG_DWORD / v AllowLockScreen / d 0 / f 

タスクをダウンロードする

このタスクをすばやく作成するには、 Disable Lock Screen.XMLタスクをダウンロードします。 次に、タスクスケジューラの[操作]ウィンドウで、[タスクのインポート...]をクリックし、ダウンロードしたXMLファイルをインポートします。

インポートすると、タスクのプロパティは次のようになります。

タスクをインポートしたら、コンピューターをロックして(WinKey + L)テストします。 2回目以降は、ロック画面の代わりにログオン画面が表示されます。

方法2:LockAppフォルダーの名前を変更する

ワークステーションをロックすると、システムはロック画面の表示を担当するLockApp.exeを実行します。 実行されないようにするには、エクスプローラーを使用して次のフォルダーの名前を変更します。

 C:\ Windows \ SystemApps \ Microsoft.LockApp_cw5n1h2txyewy 

そのフォルダーに「-OLD」サフィックスを追加して、システムがLockApp.exeを見つけられないようにします。

$config[ads_text6] not found

ロック画面があまり好きでないPCやラップトップのユーザーはたくさんいます。 ロック画面では、ログイン画面が見栄えの良い壁紙で隠れていますが、認証情報を入力するログイン画面に移動するには、マウスをさらにクリックするかキーを押す必要があります。 これは最初のログイン時だけでなく、ワークステーションのロックを解除する必要があるたびに–スクリーンセーバーまたは電源オプションのタイムアウト、スリープモードまたは休止状態モードからの再開時、またはユーザーが自発的にワークステーションを以前にロックしたためにロックされました。 追加のキーを押すことは、確かにPCやラップトップのユーザーにとって苦痛です。

関連記事