Windows 7でフォルダーの自動配置を無効にする方法は?

Windows 7には、フォルダー内の自動配置を無効にするオプション(アイコンビュー)はありません。 Windows 7のフォルダーの「全行選択」機能を無効にする魔法のレジストリハック(FFlags DWORD 43000001)を作成したことがあります。レジストリについて、Windows 7のエクスプローラーで全行選択を無効にする方法に関する記事にも興味深い所見を投稿しました。ハック。ハックを適用すると、アイコンビューでフォルダの[表示]メニューにない[自動配置]メニューオプションも表示されることを示します。

スクリプトを使用して自動化

更新:レジストリの編集をすべての作業を行うスクリプトファイルに変換しました。 Windows 7、8、8.1、およびWindows 10で動作します。

私の最近の投稿をチェックしてくださいWindows 10でフォルダーの全行選択と自動配置を無効にする方法?

これを手動で行うには

ここで、同じレジストリハックの少し微調整したバージョン(FFlagsを43000000に設定)をお届けし、この記事でいくつかのスクリーンショットを提供します。 この編集を適用した後、フォルダーごとに自動配置機能を有効または無効にできます。 もちろん、工場出荷時のデフォルト設定に戻す場合に備えて、「元に戻す」REGファイルが用意されています。

Windows 7のフォルダーで自動配置(アイコンビュー)を無効にする

1.保存されたフォルダービューをリセットし(参照:Windows 7 / Vistaのフォルダービューをリセットします)、リンクされた記事で指定されているようにシェル再起動します

$config[ads_text6] not found

2. disable-auto-arrange.zipをダウンロードして解凍し、2つのREGファイルをデスクトップに解凍します。

3. マイコンピュータを開いて、次に閉じます。

4.ログオフして再度ログインします。 (または、シェルを完全に終了して再起動することもできます。REF: Windows 7およびWindows VistaでExplorer.exeプロセスを完全に終了して再起動します)。

これにより、エクスプローラーの自動配置および「完全な行選択」機能が無効になります。

このレジストリ編集の背景情報については、詳細な記事「Windows 7のエクスプローラーで全行選択機能を無効にする方法」を参照してください。

スクリーンショット

以下はデフォルト設定で、[表示]メニューに[自動配置]オプションはありません。 デフォルトでは、アイコンは常に自動配置されます。

レジストリの編集(およびユーザーのログオフ/ログオンサイクル)を適用した後、ファイルがランダムに配置されているスクリーンショットと、「自動配置」および「グリッドに配置」メニューからわかるように、自動配置オプションは無効になっています。オプションが魔法のように表示されます。 ああ! フォルダごとの自動配置設定を無効または有効にできます。

関連記事