Windows 10でWindows.oldフォルダーを削除する方法

Windowsオペレーティングシステムのアップグレードとバージョンの更新により、システムドライブに多くのファイルが残ります。 これは、ユーザーがメジャーアップデート(またはOSアップグレード)をロールバックする場合に備えて、Windowsは以前のバージョンのWindowsのファイルを別のフォルダーに保持するためです。

たとえば、Windows 10の機能更新により、必要に応じて、10日間前のビルドまたはバージョンにロールバックできます。 10日後、各フォルダーは自動的にクリアされるため、戻るオプションは使用できなくなります。 Windows 7または8からWindows 10にアップグレードした場合、以前のWindowsインストールフォルダー(Windows.old)は30日間保持されます。

規定された時間(10日)が経過すると、対応するフォルダはWindowsによって自動的に消去されます。 これらは自動的に空になるフォルダです:

  • $ GetCurrent
  • $ Windows。〜BT
  • Windows.old
  • Windows10Upgrade(これは、アップグレードアシスタントツールを使用した場合に適用されます)

Windowsがこれらのフォルダーを自動的にクリアしない場合は、ディスククリーンアップまたはストレージの設定を使用して、Windows.oldおよびその他のフォルダーを削除できます。 この記事では、3つの方法でWindows.oldフォルダーを削除する方法について説明します。

Windows 10でWindows.oldフォルダー(以前のバージョンのWindows)を削除する方法

メジャーアップデートまたは機能アップデートをインストールした後、アップデートをロールバックする予定がない場合は、すぐに最大20 GB以上のディスク領域を解放できます。 通常、解放されたディスク容量は、Windowsインストールのビット数、およびシステムドライブにインストールされているプログラムの数に応じて、14〜25 GBになります。

次のいずれかの方法を使用して、システムドライブのWindows.oldフォルダーを削除します。

方法1:ディスククリーンアップを使用してWindows.oldフォルダーを削除する方法

ディスククリーンアップを使用してWindows.oldフォルダーを削除するには、次の手順に従います。

  1. [ファイル名を指定して実行]ダイアログからcleanmgr.exeを実行して、ディスククリーンアップを開始します。
  2. ディスククリーンアップ(cleanmgr.exe)は、管理者として実行していない場合、 以前のWindowsインストールオプションをリストしません。 そのため、[ディスククリーンアップ]ウィンドウの[ システムファイルのクリーンアップ ]ボタンをクリックして昇格する必要があります。または、[スタート]メニューから管理者として実行することもできます。 これを行うには、[スタート]ボタンをクリックし、「 ディスククリーンアップ 」と入力して、結果から[ディスククリーンアップ]を右クリックし、[ 管理者として実行 ]を選択します
  3. 表示される次のダイアログで、次のチェックボックスをオンにします(可能な場合)。
  • 以前のWindowsインストール
  • 一時的なWindowsインストールファイル
  • Windowsアップグレードログファイル

  • OKをクリックします。 他のアイテムをクリアしたくない場合は、チェックを外すことができます。
  • ディスククリーンアップでは、以前のWindowsインストールまたは一時インストールファイルをクリーンアップすると、マシンを以前のバージョンのWindowsに復元できなくなることを警告するようになりました。 [ はい]をクリックして続行します。

    Fall Creators Updateをインストールした後、ディスククリーンアップを使用して以前のWindowsインストールファイルを消去することにより、27.4 GBのディスク領域を解放できました。

  • ディスククリーンアップユーティリティに以前のWindowsインストールのエントリが表示されない場合、またはクリーンアップ時にエラーがスローされる場合は、Windows 10のストレージ設定アプリ(以下の方法2のように)を使用して、以前のバージョンのWindowsフォルダーをクリーンアップします。

    方法2:ストレージ設定アプリを使用してWindows.oldをクリアする

    Storage Settings(またはStorage Sense)アプリは、一時ファイルをクリーンアップし、ごみ箱とダウンロードフォルダーを定期的に空にするのに役立ちます。 それ以外に、Storage Senseを使用すると、以前のWindowsインストール(「以前のバージョンのWindows」ファイル)を簡単に削除できます。

    1. スタート→設定→システム→ ストレージの順にクリックします
    2. [ スペースを自動的に解放する方法を変更する]をクリックします

    3. [ 今すぐ空き容量を増やす]セクションまでスクロールします。
    4. [ 以前のバージョンのWindowsを削除する]チェックボックスをオンにし、[ 今すぐ 消去]をクリックします。

      設定の説明:これにより、PCを以前のバージョンのWindowsに戻すことができます。 10日後に自動的に削除されます。

      クリーンアップはすぐに始まります。 確認を求められることはありません。

    編集者注:以前のバージョンのWindowsのものは、少なくとも25 GBのスペースを占有します。 上記のスクリーンショットでは、ストレージ設定アプリを実行する前にWindows.oldフォルダーから手動でデータを消去したため、3.22 GBと表示されています。 したがって、あなたの場合、解放されたスペースははるかに...はるかに高くなります。 以前のバージョンのWindows (Windows 7 x64からアップグレード)で27 GBを使用していた私のテストシステムでは、ストレージ設定アプリがWindows.oldフォルダーを評価してクリアするのに約7分かかりました。

    方法3:コマンドプロンプトを使用してWindows.oldを削除する方法

    ディスククリーンアップまたはストレージの設定を使用してWindows.oldを削除するのは簡単に聞こえますが、状況によってはフォルダーをクリアできないことがあります。 あなたのケースでそれらが機能しない場合は、必要なフォルダー権限でWindows.oldフォルダーを手動で削除できるはずです。

    1. [スタート]を右クリックし、[コマンドプロンプト(管理者)]をクリックします。
    2. 次のコマンドを入力し、各コマンドの後にEnterキーを押します。
       TAKEOWN /FC:\Windows.old / R / DY icacls C:\ Windows.old / grant Administrators:F / T 

      上記は、 Windows.old 、そのサブディレクトリ、およびその中のすべてのファイルの所有権を取得し、 Administratorsグループにフルコントロールのアクセス許可を割り当てることです。 そのため、プロセスが完了するまでに時間がかかる場合があります。

    3. 次に、次のコマンドを実行して、 Windows.oldフォルダーを完全に削除します。
       RD /SC:\Windows.old 

      3番目のコマンドがタスクの実行に失敗した場合 (CortanaのLocalState..フォルダーの問題などが原因)、代わりにDOSデバイスパスを使用する次のコマンドを使用します。

       RD / S \\?\ C:\ Windows.old 

    現在、 以前のビルドに戻るオプションは淡色表示されています。

    それでもWindows.oldフォルダーを空にできませんか?

    上記の方法のいずれかを使用してWindows.oldフォルダーを空にできない場合は、 Cortana LocalState..フォルダーのファイル名に無効な文字が含まれているためにアクセスできないか、削除できない可能性があります。

    Windows.oldフォルダーとCortana \ LocalState ..サブフォルダーを正常に消去するには、2つのオプションがあります。

    • DOSデバイスパスを使用します—つまり、 \\?\プレフィックスを付けます。 たとえば、DOSデバイスパスを使用してWindows.oldフォルダーを削除するには、管理者のコマンドプロンプトから次のコマンドを使用します。
       RD / S \\?\ C:\ Windows.old 
    • 記事「Windowsで頑固で削除できないファイルまたはフォルダーを削除する方法」の説明に従ってUnlockerを使用してください。

    それでおしまい! この記事の上記の方法のいずれかを使用して、Windows 10コンピューターのWindows.oldフォルダーを削除して、ディスク領域を取り戻したことを願っています。

    関連記事