Windowsで頑固で削除できないファイルまたはフォルダーを削除する方法

多くの場合、どのように試してもファイルやフォルダを削除できない状況に遭遇することでしょう。 この記事では、通常の方法を使用して頑固または削除できないファイルまたはフォルダーを削除する方法について説明します。

これらの頑固なファイルまたはフォルダーを削除できない理由は、少なくとも4つあります。

  1. ファイルまたはフォルダは現在いくつかのプログラムで使用されています
    • オプション1:Explorerシェルを再起動する
    • オプション2:IOBit Unlockerを使用する
    • オプション3:プロセスエクスプローラーを使用してハンドルを閉じる
    • オプション4:MoveFile.exeを使用して、再起動時にファイル/フォルダーを削除または名前を変更する
  2. 名前に無効な文字が含まれているファイルまたはフォルダーは削除できません
  3. 必要なNTFSアクセス許可がありません
  4. ファイルシステムの破損

Windowsで頑固で削除できないファイルまたはフォルダを削除する方法

「使用中のファイル」シナリオ

いくつかのアプリケーションによってファイル/フォルダのロックを解除するのに役立つソフトウェアプログラムは多数あります。 UnlockerやProcess Explorerなどのユーティリティを使用すると、ファイルまたはフォルダーのハンドルを強制的に閉じてから、ファイルまたはフォルダーを削除できます。

これらのプログラムを使用する前に、まずログオフして再度ログインした後、または再起動サイクルの後で頑固なファイルを削除できるかどうかを確認してください。 ほとんどの場合に役立ちます。 さらに、Windowsをセーフモードで起動し、頑固なファイルまたはフォルダーを削除します。 Windows 10でセーフモードでPCを起動する方法をご覧ください。

Windowsを再起動せずにファイルまたはフォルダーを削除したい場合は、 プロセスエクスプローラーUnlockerなどのツールを使用できます。 これらのツールは、プログラム/実行可能ファイルが問題を引き起こしていることを見つけ、ロックを解除してファイルを削除するのに役立ちます。

関連ヒント:組み込みのリソースモニターを使用して問題のプログラムを表示することもできますが、 リソースモニターを使用してファイルハンドルを閉じることはできません。 詳細については、「サードパーティのツールを使用せずにファイルをロックしたプロセスを見つける」の投稿を参照してください。

Explorer Shellを再起動します

ファイルエクスプローラーは、一般に、そのシェル拡張によって接続されたメディアファイルをロックすることがあります。 その場合は、エクスプローラーシェルを完全に終了すると問題が解決します。 Windows 7から10でエクスプローラーシェルを完全に終了して再起動する方法を次に示します。

Windows 7以降では、Windowsの「使用中のファイル」ダイアログに、ファイルを使用しているプログラムの名前が表示されます。 あなたがする必要があるのは、最初にプログラムを閉じることだけです。

ただし、プログラム名が表示されない場合があるため、Unlocker、Process Explorer、Resource Monitorなどのツールが必要です。

IObit Unlocker

IObit Unlockerセットアップは、ファイルとフォルダーのコンテキストメニュー拡張を追加します。 ファイルまたはフォルダーを右クリックしてIObit Unlockerをクリックすると、対象のファイルまたはフォルダーを使用しているプログラムが表示されます。

Unlockerは、エンドユーザーにとっても自明である次のオプションも提供します。

  • ロックを解除
  • ロックを解除して削除
  • ロックを解除して名前を変更
  • ロックを解除して移動
  • ロック解除してコピー
  • 強制モード

通常モードでロック解除に失敗した場合は、「強制モード」を試すことができます。 これは、ファイル/フォルダーハンドルを閉じるだけでなく、関連するプロセスを終了する積極的なモードです。

予約された名前または無効な文字が名前に含まれているファイルまたはフォルダー

サンプルシナリオ:Cortanaの「LocalState」フォルダー内のファイルが削除できないままであるため、ディスククリーンアップまたはストレージ設定を使用してWindows.Oldを空にできない

IOBit Unlockerは、最新の機能更新のインストール後にWindows.oldフォルダー(以前のWindowsインストールファイルが格納されている)を消去できない場合に特に役立ちます。 C:\Windows.old下のMicrosoft.Windows.Cortana_cw5n1h2txyewyフォルダーにあるファイルの問題(ファイル名の無効な文字)が原因で、Windows.oldを削除できない場合があります。 問題のあるフォルダーの完全なパスは次のとおりです。

 C:\ Windows.old \ Users \ {username} \ AppData \ Local \ Packages \ Microsoft.Windows.Cortana_cw5n1h2txyewy 

ご覧のとおり、 LocalStateフォルダーの名前の後にはドットが2つ(..) LocalStateているため、フォルダーの削除やアクセスができなくなる可能性があります。 フォルダを削除しようとすると、次のエラーが発生します。

予期しないエラーにより、フォルダーを削除できません。 このエラーが引き続き発生する場合は、エラーコードを使用して、この問題のヘルプを検索できます。

エラー0x80004005:不明なエラー

操作をTry AgainSkipまたはCancelするオプションがあります。

(または)

場所は利用できません

C:\ Windows.old \ Users .. \ AppData \ Local \ packages \ Microsoft.Windows.Cortana_cw5n1h2txyewy \ LocalStateは使用できません。 場所がこのPCにある場合は、デバイスまたはドライブが接続されているか、ディスクが挿入されていることを確認してから、再試行してください。 場所がネットワーク上にある場合は、ネットワークまたはインターネットに接続していることを確認してから、もう一度お試しください。 それでも場所が見つからない場合は、移動または削除された可能性があります。

簡単な修正: IOBit Unlockerで、 Cortanaフォルダー(またはWindows.oldフォルダー全体)を選択した後、[ ロックを解除して削除]オプションを選択します。 これにより、Windows.oldフォルダーを簡単に完全に消去できます。

これらの無効なファイルやフォルダーを手動でワイプする場合は、以下の例とスクリーンショットをご覧ください。

ファイル名に無効または予約された文字

ファイル名に無効な名前が含まれている場合(たとえば、ファイル名の末尾にスペースまたはピリオドがあるか、ファイル名がスペースのみで構成されている場合)、ファイルを削除できないことがあります。 この問題を解決するには、適切な内部構文を使用するツールを使用してファイルを削除します。 たとえば、いくつかのツールで「\\?\」構文を使用して、これらのファイルを操作できます 。— Microsoft KBからの抜粋NTFSファイルシステムボリューム上のファイルまたはフォルダーは削除できません

del“ \\?\ c:\ path_to_file_that that the trailing space.txt“

例:予約された名前または無効な文字(ドットやスペースなど)が名前に含まれているフォルダを削除する。

Cortana Packageフォルダーの下のLocalState..フォルダーを削除するには、次のパスとコマンドラインを使用します。

 rd / s \\?\ C:\ Windows.old \ Users \%username%\ AppData \ Local \ Packages \ Microsoft.Windows.Cortana_cw5n1h2txyewy \ LocalState .. \ 

管理者のコマンドプロンプトからそのコマンドを実行します。

もう一つの例:

いくつかの無効なフォルダー、つまりConConduct. およびLocalState..

conという単語は予約済みの名前であり、ファイル名やフォルダー名には使用しないでください。)

予約された名前(例: con )でフォルダーに通常アクセスしようとすると、次のエラーが発生します。

場所は利用できません

path:\ conにアクセスできません。

ハンドルが無効です。

フォルダーを削除するには、管理者のコマンドプロンプトから次のコマンドを実行します。

 rd / s "\\?\ C:\ con" 

他の2つのフォルダー、すなわち、 conduct. およびLocalState..のファイル名に無効な文字(。)が含まれています。 次のコマンドを実行して、これらのフォルダーを削除します。

 rd / s "\\?\ C:\ conduct。" rd / s "\\?\ C:\ LocalState .." 

出来上がり! これで、3つのフォルダが削除されました。

予約済みまたは無効な文字を含むファイルの処理の詳細については、Microsoftの記事「NTFSファイルシステムボリューム上のファイルまたはフォルダーを削除できない」を参照してください。

プロセスエクスプローラー

プロセスエクスプローラーは、紹介を必要としない優れたツールです。 これまでに何度もProcess Explorerを取り上げてきました。

管理者として Process Explorer 起動します。 [ 検索 ]オプション(Ctrl + F) 使用して、ファイル名の一部を入力し、Enterキーを押します

そのファイルを使用しているプロセスが表示されます。 必要なのは、プログラムを手動で閉じて、頑固なファイルを削除することだけです。

また、プロセスエクスプローラーでは、下部のペインビューからファイルハンドルを閉じることができます。 ただし、プログラムを終了するのが最も好ましい方法です。

Windows SysInternalsのMoveFile.exe

MoveFileユーティリティ(管理者のコマンドプロンプトウィンドウから実行)を使用すると、次の再起動のために移動および削除コマンドをスケジュールできます。

使用法:

 movefile.exe [ソース] [宛先] 

空の宛先(“”)を指定すると、起動時にソースが削除されます。 stubborn.pdfを削除する例は次のとおりです。

 movefile d:\ tools \ stubborn.pdf "" 

MoveFileユーティリティは、ファイルだけでなくフォルダにも機能します。

デスクトップにある「1」という名前のフォルダーを(再起動時に)削除するには、次のコマンドを使用しました。

 movefile C:\ Users \ ramesh \ desktop \ 1 "" 

再起動後、ジョブは完全に完了しました! MoveFileユーティリティは、MoveFileEx APIを使用してファイルの名前を変更または削除します。 次のブランチの下にあるPendingFileRenameOperationsという名前のPendingFileRenameOperationsレジストリ値に削除または名前変更操作を登録します。

 HKEY_LOCAL_MACHINE \ System \ CurrentControlSet \ Control \ Session Manager 

次回の再起動時に、Session ManagerはPendingFileRenameOperationsレジストリ値から登録済みの名前変更および削除コマンドを読み取ることにより、削除または名前変更タスクを実行します。 上記のスクリーンショットでわかるように、Windows Defenderは、署名の更新後に削除されたオペレーション(置き換えられたドライバーファイルを削除するため)をスケジュールしているようです。

Windows SysinternalsからMoveFileダウンロードします。

不正なNTFSアクセス許可

ユーザーアカウントコントロールにファイルまたはフォルダーを変更する権限がない場合、それを削除しようとすると「権限が拒否されました」というダイアログが表示されます。 ファイルまたはフォルダの所有権を取得し、ファイルを削除する前にアカウントにフルコントロールのアクセス許可を割り当てるだけです。 ファイル/フォルダーの所有権を取得し、[プロパティ]、[セキュリティ]タブでアクセス許可を割り当てることができます。 ただし、一部のユーザーはTakeown.exeおよびICacls.exe含むコマンドラインメソッドをICacls.exeます。

詳細については、ファイルとフォルダーの所有権を取得する方法についての説明記事( Takeown.exeを使用して、サブフォルダー間で再帰的に)を参照してください。 また、 icacls.exeを使用して権限を割り当てる方法についても説明します。

完了したら、準備完了です。

関連ヒント:アクセスを簡単にするために、特にこのオプションをより頻繁に使用する場合は、右クリックメニューに「所有権を取得して完全な権限を割り当てる」オプションを追加することもできます。 このレジストリの調整により、 Takeown.exeおよびICacls.exe操作が一度に実行されます。 これらのコマンドを手動で入力する必要はありません。

ファイルシステムの破損

ファイルシステムの破損により、ファイルまたはフォルダにアクセスまたは削除するときに、「 ファイルまたはディレクトリが破損しており、読み取ることができません」などのエラーが発生します。 ディスクエラーチェックまたはChkdskコマンドを実行すると、問題が解決するはずです。

エラーチェック

このPC(マイコンピュータ)を開き、頑固なファイルが含まれているドライブを右クリックして、[プロパティ]をクリックします。 [ツール]メニューを選択し、[チェック]をクリックします。

[ 詳細表示]リンクをクリックすると、アプリケーションログの関連するイベントビューアのエントリが開きます。 それは何が問題なのかを教えてくれます。

次に、今すぐドライブを修復するか、必要に応じて次の再起動時に続行します。

チクスク

または、昇格したコマンドプロンプトからChkdsk /Rを実行できます。 ドライブのマウントを解除してスキャンを実行することについて同意を求めます。 「 N 」(いいえ)を選択すると、次回の再起動時にスキャンのスケジュールを設定するよう求められます。 Yをクリックして続行します。

ディスクエラーチェックまたはChkdskを使用してファイルシステムエラーを修正した後、頑固なファイルまたはフォルダーを削除できるかどうかを確認します。

それでおしまい! 他の方法で「削除できない」ファイルを削除する他の興味深い方法を知っている場合は、以下のコメントセクションに投稿してください。

関連記事