Windows 10で古いファイル履歴のバックアップをクリーンアップする方法

ファイル履歴はファイルの特定の時点のバックアップなので、必要なときにファイルの正確なコピーまたはバージョンに戻すことができます。 ファイル履歴では、バックアップを保持する期間を設定できますが、古いバージョンのファイルは自動的に消去されないようです。

保存したバージョンを保持する:ドロップダウンでオプションを選択しても、ファイル履歴は古いバージョンのファイルを自動的に消去しません。 次のスクリーンショットで確認できます。

過去1か月以内に保存されたバージョンを保持するようにファイル履歴を構成しました。 ただし、ファイル履歴ストアでは、古いバージョンのファイルがそのまま残っていることがわかります。 自動クリーンアップは機能しておらず、設計によるものかどうかはわかりません。 または、ハードディスクがいっぱいになったときに古いバージョンが自動的に削除される可能性はありますか? わかりません。 Windowsには、古いファイル履歴バージョンのクリーンアップをトリガーするタスクがないようです。

この投稿では、ファイル履歴のGUIまたはコマンドラインを使用するという2つの異なる方法を使用して、古いバージョンのファイル履歴バックアップをクリーンアップする方法について説明します。 コマンドラインは、タスクスケジューラを使用して自動化することもできます。

Windows 10で古いファイル履歴のバックアップをクリーンアップする方法

これらの方法のいずれかに従って、Windows 10コンピューター上の古いバージョンのファイル履歴バックアップをクリーンアップします。

方法1:ファイル履歴設定を使用する

  1. [スタート]ボタンをクリックし、「コントロールパネル」と入力して、検索結果から[コントロールパネル]をクリックします。
  2. コントロールパネルをアイコンビューに設定し、[ファイル履歴]をクリックします。
  3. [タスク]ウィンドウで[詳細設定]をクリックします。

  4. この画面では、バックアップの頻度、およびバックアップを保存する期間を設定できます。 ファイル履歴のバックアップから古いバージョンを削除するには、[ バージョンのクリーンアップ ]をクリックします

  5. ドロップダウンで次のオプションのいずれかを選択し、[ クリーンアップ ]をクリックします。
    • 最新のものを除くすべて
    • 1か月以上前
    • 3か月以上経過
    • 6か月以上前
    • 9か月以上前
    • 1年より前(デフォルト)
    • 2年以上

方法2:コマンドプロンプトを使用する

古いバージョンのファイル履歴バックアップをクリアするために、fhmanagew.exeという名前のコマンドラインツールもあります。 FhManagew.exeは、現在割り当てられているファイル履歴ターゲットデバイスから、指定された経過時間を超えるファイルバージョンを削除します。

たとえば、45日より古いすべてのファイル履歴バックアップバージョンを削除するには、コマンドプロンプトウィンドウを開いて次のように入力します。

 FhManagew.exe -cleanup 45 

注:指定した期間基準に一致するファイルがない場合(45日より古いファイル)、次のメッセージが表示されます。

その古いバージョンのファイルは見つかりませんでした

短い期間を選択して、再試行してください。

コマンドラインツールは、出力メッセージと上記のダイアログを抑制する-quietパラメータをサポートしてい-quiet 。 サイレントクリーンアップを行うには、次のコマンドを使用します。

 FhManagew.exe -cleanup 45 -quiet 

それでおしまい! 45日以上経過したバックアップコピーは削除されます。 最も古いバックアップは、現在5月29日まで遡ります。

ファイル履歴フォルダーのサイズ(クリーンアップ前)

ファイル履歴フォルダーのサイズ(クリーンアップ後)

追加のヒント

上記の-cleanupスイッチに加えて、FhManageW.exeは、正式には文書化されていない以下のスイッチをサポートしています。

ファイル履歴のバックアップをオンデマンドで手動で実行します。

 FhManageW -backupnow 

現在実行中のファイル履歴のバックアップを停止します

 FhManageW -stop 

ファイル履歴設定ページを開く:

 FhManageW -autoplay 

ファイル履歴バックアップドライブとして割り当てられたドライブをチェック(エラーチェック)します。

 FhManageW -checktarget 

タスクスケジューラでのFhManageWの使用

タスクスケジューラを使用して、古いバージョンのファイル履歴バックアップを自動的に消去できます。

  1. タスクスケジューラを開き、[タスクの作成]をクリックします。
  2. タスクに名前と説明を割り当てます—たとえば、古いファイル履歴のバックアップを消去します
  3. 「トリガー」タブを選択し、「新規」をクリックします。
  4. [タスクの開始]で、[ スケジュール]がデフォルトで選択されます。
  5. タスクを実行する頻度を選択します:毎週、毎日、または毎月。 毎週を選択して、タスクを実行する日を選択できます。 複数の選択肢が許可されています。
  6. 「OK」をクリックし、「アクション」タブを選択して、「新規」をクリックします。
  7. [プログラム/スクリプト]テキストボックスに「 c:\windows\system32\fhmanagew.exe
  8. 引数の追加:タイプ-cleanup 45 -quiet

    (上記のコマンドラインは、45日より古いファイル履歴バージョンをクリアします。)

  9. [OK]をクリックし、[設定]タブを選択します。
  10. スケジュールされた開始を逃した後できるだけ早く実行タスクを有効にする

  11. OKをクリックします。

スケジュールされたタスクメソッドがファイル履歴ツールの欠点を埋めて、古いバージョンのファイルを定期的にパージすることにより、ディスク領域の節約に役立つことを願っています。

関連記事